ミャンマー 失われるアジアのふるさと 乃南アサ

Posted 2月 10th, 2010 by kzmr and filed in 乃南アサ

軍事政権に対する僧侶のデモやサイクロン被害など、依然ネガティブなニュースが後を絶たないミャンマー。しかしながら旅行者の間では旅行前と後で大きく印象が変わる国として知られ、リピーターが非常に多い。そんなミャンマーで作家・乃南アサは何を見てどう感じたか。2008年6月刊行。

ヤンゴンやマンダレーといった都市、そしてインレー湖やバガンといった景勝地での出来事が断片的に綴られており、時系列にルートに沿って展開していくことの多い一般的な旅行記とは読み心地が大きく異なる。さすが作家(といっては失礼か)、一つ一つの場面の描写が美しく情景的だ。特に夜明けの世界三大仏教遺跡の一つバガンの仏塔群の描写はぐっと引き込まれた。章が終わるたびに、短編小説を一つ読み終えたかのような気にさせられた。ふんだんに配置されている美しい写真(撮影、坂斎清)もそれに一役買っているだろう。また、全く見返りを求めない無償の親切に対してどう報いたらいいのか著者が悩む場面があるのだが、僕自身もミャンマーで全く同じ経験があり、とても親近感がわいた。

ここまでつらつらといい場面ばかり述べたが、単純に叙情的で楽しい旅行記というわけではない。特に政治的な話題に言及しているときは非常にリアルで迫ってくるものがある。本書のエンディングで、日本語を勉強している若い僧侶が軍事政権に対する思いを憤りつつ語る。「今、ミャンマーの政治は悪いです。最低です」否応なしに2007年の僧侶のデモを想起させる言葉だ。冒頭にもあるが、日々実直にそして静かに仏に仕えてきた僧たちは、どれほどの思いを込めて起ちあがったのか。それを想像するだけでぐっと込み上げてくるものがある。

まとめると、本書では異国情緒に溢れる描写を楽しむことができ、さらにミャンマーという国の実情にも触れることもできるだろう。非常にバランスのとれた一冊だ。ミャンマーを直接自分の目で見て感じたいと思わせる力に満ちている。

ミャンマー―失われるアジアのふるさと
乃南 アサ
文藝春秋
売り上げランキング: 94852
おすすめ度の平均: 4.5

4 前書きが全てを語る
5 美しく、そして切ない国
5 初めての乃南アサ

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ