てくてくカメラ紀行 石川文洋

Posted 10月 10th, 2010 by kzmr and filed in 石川文洋

報道カメラマン石川文洋がカメラを持って徒歩で日本縦断した。
風景、人々、動植物。様々なものにカメラを向けて日本を綴る。

石川文洋65歳。
2003年7月15日、日本の最北端、北海道・宗谷岬を徒歩で出発して、
同年12月10日沖縄・那覇に到着。日本海に沿って3300km歩いた。
本書は道中で撮影した様々な写真とその土地ごとの感想やコラムで構成されている。

石川文洋と聞くと戦場カメラマンというイメージが強いのだが、
それらの土地へ以前に撮影で訪れた際の回想も多く、
実はこれまでに様々な物事を撮影してきたということが分かる。
本書に収められている写真や文章はノンテーマなだけに
その知見の幅広さや愛すべき人となりがダイレクトに伝わる。

本当にじんわりと面白くなってくる本だ。

舞台は現代の日本で、当然誰もが通れる道を進んでいるわけだから、
そうそう目新しいものがあるわけではないのだが、どこか異国のように錯覚することがある。
そのフィルターはもちろん著者の戦場を主とした様々な経験で培われたものだろうが、
徒歩というもっともスローな移動手段での旅によるところもかなり大きいのではと思う。

おそらく、ある地点から別の地点へ素早く移動してしまうと、
大きな変化に目を奪われて、微細な変化には気付きにくくなるのではないか。
ゆっくりした移動だからこそ、多くの人が目を止めない微細な変化に敏感になることができ、
まるで異国にきたかのような発見の連続が可能になるんじゃないか。

恥ずかしながら、僕自身、横浜から新潟・直江津まで徒歩で旅したことがあるのだが、
土地から土地へ少しづつ移動していく日々、「雰囲気」がなんとなく変化していくのを感じた。
学生だった当時の僕はあまりに無知で、「雰囲気」を言葉に置き換えることができなかったし、
歴史を知らず、動植物の名も知らず、今でも「雰囲気」しか思い出すことができないけれども。

しかし石川文洋にはカメラがあり、多くの経験と知見がある。
ぜひ本書を手に取り、著者の昔話などに耳を傾けながらゆっくり日本を再発見していただきたい

あぁ、てくてく歩いて旅したい。

てくてくカメラ紀行―北海道‾沖縄3300キロ (エイ文庫)
石川 文洋
エイ出版社
売り上げランキング: 499194
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ