イスラム飲酒紀行 高野秀行

「私は酒飲みである。休肝日はまだない」というアル中一歩手前の辺境作家・高野秀行がイスラム圏各国の飲酒事情をルポ。週刊SPA!にて不定期連載された「イスラム飲酒紀行」の単行本化。2011年6月。

マリファナや麻薬または女などには目もくれず、ときには危ない橋を渡って酒を求める著者。タブーとされている飲酒事情とともにイスラムの人々のリアルな姿も徐々に明らかに!?

いやしかし、なんて面白いんだろう。

  • 日本では普通に手に入る酒(入手が難しい地酒の場合もあるが・・・)をわざわざ禁じられている国で探し求める著者。
  • 著者に振り回される森、織田、末澤各氏のなかなかの名脇役っぷり。
  • 最初は「酒はない!」と突っぱね、別れ際に「酒ほしいのか?」と言ってくる心優しい地元の人々。
  • で、結局なんだかんだ酒飲みはどこにでもいて、彼らなりの飲み方で飲酒を楽しんでいる。
  • で、結局彼らといっしょにわいわい飲んでいる著者一行。

おおよそこんな感じだが、各地でいろいろ異なる事情があり、出会う人々にも個性があって、全く飽きない。人が行かないところに行って、人がやらないことをやり、それを面白おかしく書く、とはよく言ったものだ。まさにその通り。

捕まるリスクを冒してまでハイネケンを飲む必要なんてないじゃないか。しかし、その酒を入手する過程で見えてくる人々の素顔や実情に親近感がわいてたまらない。

高野秀行の著書では今まで遠かった世界(辺境)や文化が、身近にそして少し滑稽に描かれている。本書を読む前は、刺激的なタイトルだし、不謹慎で不快に感じる人もいるのかなと思ったが、いったん読み始めれば全くそんなことはない。笑いで腹を抱えながら安心して読んだ。

なぜかといえば、やはり著者がその文化と人々を心底敬っているからなんだろうなと。

面白おかしい本なので、そんな真面目な歯の浮いたセリフは一言も書いてないが、どの著書からも感じることであり、僕が高野秀行が大好きな理由でもある。

全力で続編希望。もっともっとイスラム圏で飲酒紀行をしてほしい。(捕まらない程度に。)

イスラム飲酒紀行
イスラム飲酒紀行
posted with amazlet at 11.10.04
高野 秀行
扶桑社
売り上げランキング: 8945
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ミャンマーの柳生一族 高野秀行

Posted 11月 25th, 2010 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行が早稲田大学の探検部の先輩である大御所作家・船戸与一とミャンマーの辺境を旅した。ミャンマーを江戸時代になぞらえて繰り広げられる爆笑珍道中記。2006年3月。

過去10回以上ミャンマーへ入国し(ほとんどが非合法)、政府の手すら届かない辺境でアヘンの栽培などにも従事したことのある著者・高野秀行。
著者は軍事独裁政権(徳川幕府)の中にあって特殊な機能を持っている軍情報部にいちばん近いのが「柳生一族」だという。
今回、探検部の先輩である大物作家・船戸与一の取材旅行に同行。柳生一族の監視のもと合法的に旅することになったが、さてどんな展開が待っているか。

今作でも大爆笑させていただいたが、まったくすごい作家だなと唸りっぱなしの作品だった。
ミャンマーと江戸時代を重ねるとは完全にぶっ飛んだ発想に違いないのだが、そこは高野秀行。妙に説得力があり、実際に合点がいく点が多いのだ。
あまり知られていないミャンマーの少数民族勢力と江戸時代の外様大名を重ねて見るとまさにピタリ。こういう発想をして実際に文章にできる人物は後にも先にも著者しかいないだろう。
ニュースや書物で得た知識でなく、現地を旅し深くの人々と生活に関わってきたからこそ、詳細の部分で辻褄が合ってくるんだろうと思う。

なかでもミャンマー人の社交性の秀逸さと明治維新後の日本の外交力の根拠をともに多民族国家(日本は藩政だったが意識としては連邦制に近かった)であるがゆえ、と論理を発展させたときには鳥肌が立った。限りなく単一民族国家に近い現在の日本、外交力や社交性の欠如が目立つ(当然自分も含めてorz)のは偶然ではないんだろう。

「アウン・サンを徳川家康、スー・チーさんを千姫、軍部を柳生一族になぞらえると、これはまたおもしろいように現代のミャンマーが浮き彫りになってくるのに仰天した」
と解説で椎名誠も言っているように、おもしろおかしくミャンマーの現状を伝えてくれる一冊だ。もちろんミャンマー初心者の方にはたいへん読みやすく入門書としてもいいだろうが、個人的には実際に旅したことのある玄人の方におすすめしたい。

ミャンマーをよく知っている人ほど、高野秀行がすごい作家だと知るはずだ。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 19038

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ 高野秀行

Posted 12月 19th, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

エンタメノンフの旗手・高野秀行がタイの文化やタイ人の気質について自らの経験をもとに記したコラム&エッセイ。

著者はチェンマイ大学で日本語講師とし働いた後、タイでビルマの少数民族(タイ系)のゲリラと交流したり、在日タイ人向け新聞の記者として働いたりしている。
非常にユニークな関わりを持っているが、本人曰く「タイとボロい赤い糸で結ばれている」とのこと。「ボロい」という表現が絶妙だよね。

さてそんな著者がタイについてのあれこれを語るのだが、そこはエンタメノンフという新分野の代表的作家。
目次を見るとコラムのタイトルがそんじょそこらのゴシップ誌の一面よりもグサグサささってくる。
いくつか紹介しよう。

・知るとガッカリ?微笑みの秘密
・お金持ちはハンサムだ!
・迎えをすっぽかされたゲリラの長老
・タイ女性の脚線美への執念
・ゆ〜るゆるの「ゆるやかな社会」
・イヌはヒトの鏡
・タイ人と中国系タイ人の真相
・本当のタイの娼婦事情

ついついたくさん紹介してしまったが、全40編あるし、人それぞれささる角度が違うはずなので、ぜひ目次を眺めていただきたい。
タイトルにひかれて読み始めたが最後、高野秀行の絶妙な語りにズブズブとはまっていくだろう。

さて、ここまでは著者の高野秀行に焦点を合わせて紹介したが、もう一つの主役も紹介しなければ。

そう、タイである。

本書は40編のコラムが10編ずつ次の4つの章で構成されている。
・サバーイ(元気だ、気軽だ、都合がいい)
・サヌック(楽しい)
・サドゥアック(便利だ、都合がいい)
・マイペンライ(大丈夫、たいしたことない)
この四つの言葉だけでタイ人の気質をある程度表せるとのこと。言ってみればタイ人の素だ。
これはタイを訪れたことがある人ならば、まず納得するんではないだろうか。

本書が面白いのはタイについておもしろおかしく書かれているからではない。
そのゴシップ的なタイトルに反して、内容は極めて誇張が少なく、事実を踏まえて書かれている。
つまり、タイそのものがおもしろいのだ。

まとめると・・・
高野秀行がタイについて書いていて面白くないはずがない!!
タイに興味があってもなくても、絶対面白いから読んでみてください。

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
高野 秀行
ベストセラーズ
売り上げランキング: 9362
おすすめ度の平均: 4.5

4 タイ人・タイ王国を知りたければ読むべし
4 タイで日本語を教える
5 微笑みの国 タイ
4 懐かしい思い出と共に
5 読んで極楽、見ても極楽

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

放っておいても明日は来る 高野秀行

Posted 11月 29th, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

著者は最近ではエンタメノンフ(エンタメ・ノンフィクション)という分野の代表的な作家となっている高野秀行。
上智大学で「東南アジア文化論」という半年間の講義を持つことになった著者は「東南アジアを生で経験している」人たちとの対談という形態の講義を行う。
その講義をまとめたものが本書だ。

自らのつてで招いたゲスト達とはじめは東南アジアの文化の話をするはずだったが、毎回波瀾万丈の人生劇場の様相を呈する。
その講義が就職活動中の学生の癒しになるなどして、話題となり就活本(?)として出版に至ったとのこと。
ゲスト達の破天荒な生き方を高野が面白おかしく引き出す本書は、新しいテイストの生き方指南本と言えるだろう。

8人のゲスト達はみな誰もが知っている有名人というわけではないが、起業家だったり、または著書を持つ人が多く、もしかするともう既に知っている人もいるかもしれない。
また将来その名前が世間に知れわたる可能性もあるので、以下に記しておく。

二村聡
下関崇子
井手裕一
金澤聖太
モモコモーション
黒田信一
野々山富雄
姜炳赫

内容的には旅について綴られたものではない。
本書を旅本として紹介するのは、「旅」というアクションを後押ししてくれるからだ。

日本の社会では長期的な旅行ができるのは学生や自由業など一部の人に限られている。
なので、長期旅行は日本社会で生きる上でマイナス作用の方が多いのが事実だ。
将来の不安からどことなく後ろめたい気持ちで旅に出る人も少なくないのではと思う。

ところが本書を読んだ後では、そんな不安や後ろめたさはふっとんでしまうだろう。
8人のゲスト達はみな特別に才能があるわけでなく、適当に勢いで生きて、なんとなく成功している。(失礼かもしれないが本書を読むとそう思える。)

好きなことは今すぐやった方がいい。どんどん旅に出よう。
放っておいても明日は来る。

放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法
高野 秀行 二村 聡 下関 崇子 井手 裕一 金澤 聖太 モモコモーション 黒田 信一 野々山 富雄 姜 炳赫
本の雑誌社
売り上げランキング: 11367
おすすめ度の平均: 5.0

5 夢が勝手に歩いてきた

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

神に頼って走れ! 高野 秀行

Posted 11月 23rd, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行の東京から沖縄までの約2ヶ月に渡る自転車旅行記。
わけあっての神仏に祈りながらの旅。それらに対する見解はもちろん、
辺境の第一人者である著者が道々で出会う光景や人々の描写が面白い。

そもそもどうして神仏に祈りながら自転車旅行してるのか?
『怪魚ウモッカ格闘記』を読むと分かるのだが、
徐々に明かされ、予備知識がなくても問題ない。
これまで高野の著作に触れたことがない人でも、
独特の言い回しやユーモアに引き込まれるだろうし、
自転車旅行記としても秀逸だと思う。

長期間に渡る自転車旅行記と言えば、汗臭いというか男臭いというか、
艱難辛苦の末に感動的なゴール!といったスポ根的な要素が少なからず
含まれているような気がするが、本書にはそういう脚色はない。
ただ面白く、終始くすくす笑いながら読み進めることになるだろう。

高野秀行の著書はいつだってそうだ。
誰にも真似できない非常識なことをしでかしているのに、
高野はすごく庶民的で俗っぽくて、すごく身近に感じる。
これこそ高野秀行が支持される理由だろう。

今回の自転車旅行に関しては、決して誰もが真似できないことではないが、
その分見解や描写の面白さ、そしてユーモアが際立っているように思う。

神に頼って走れ!―自転車爆走日本南下旅日記 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 169139
おすすめ度の平均: 4.0

5 素晴らしすぎます
5 意外な発見
3 神様とともに
5 がんばれ高野
3 「怪魚ウモッカ格闘記」の後日談みたいな感じで

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ