クジラが見る夢 池澤夏樹

作家・池澤夏樹が映画「グラン・ブルー」主人公のモデルであり素潜りの世界記録を何度も更新したジャック・マイヨールと共に過ごした日々の記録。
世界の海を巡ってイルカと遊び、ヨガや禅にも傾倒していたと言われるジャック・マイヨールの素顔とは?
旅とは切っても切り離せない作家・池澤夏樹が迫る。

ジャックと著者の一行はバハマ沖、サウス・ケイコス、シルバー・バンクに滞在し、イルカと遊び、キャンプでロブスターを食い、クジラの神秘に触れる。
本書にはそれらの美しい風景とジャックの写真が織り交ぜられており、また1ページあたりの文字数も少ないのも特徴的だ。
とても気持ちよく読み進めることができる。これほど読者をリラックスをさせる読み物はなかなかないだろう。

著者が見たジャックの一面を引用してみる。

自然を相手に何かをしようとして、条件がよければ素直に喜び、条件が悪ければそれを克服することを喜ぶ。本当にひどいことになれば黙って耐えるのだろう。人間が相手だと腹も立つしうんざりもするけれど、自然に対してはそういうことは一切意味がない。提供してくれるものをそのまま受け取るしかない。たぶんジャック・マイヨールはその達人なのだ。

こんなジャックと共に過ごすことのできた著者は幸福だ。
そして本書を手に取ってその記録を辿ることのできる僕らもまた幸福と言えるだろう。

クジラが見る夢 (新潮文庫)
池澤 夏樹
新潮社
売り上げランキング: 247061
おすすめ度の平均: 4.5

5 シンプルで心地よい。
4 クジラに憧れと尊敬を感じます

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ