ミャンマーの柳生一族 高野秀行

Posted 11月 25th, 2010 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行が早稲田大学の探検部の先輩である大御所作家・船戸与一とミャンマーの辺境を旅した。ミャンマーを江戸時代になぞらえて繰り広げられる爆笑珍道中記。2006年3月。

過去10回以上ミャンマーへ入国し(ほとんどが非合法)、政府の手すら届かない辺境でアヘンの栽培などにも従事したことのある著者・高野秀行。
著者は軍事独裁政権(徳川幕府)の中にあって特殊な機能を持っている軍情報部にいちばん近いのが「柳生一族」だという。
今回、探検部の先輩である大物作家・船戸与一の取材旅行に同行。柳生一族の監視のもと合法的に旅することになったが、さてどんな展開が待っているか。

今作でも大爆笑させていただいたが、まったくすごい作家だなと唸りっぱなしの作品だった。
ミャンマーと江戸時代を重ねるとは完全にぶっ飛んだ発想に違いないのだが、そこは高野秀行。妙に説得力があり、実際に合点がいく点が多いのだ。
あまり知られていないミャンマーの少数民族勢力と江戸時代の外様大名を重ねて見るとまさにピタリ。こういう発想をして実際に文章にできる人物は後にも先にも著者しかいないだろう。
ニュースや書物で得た知識でなく、現地を旅し深くの人々と生活に関わってきたからこそ、詳細の部分で辻褄が合ってくるんだろうと思う。

なかでもミャンマー人の社交性の秀逸さと明治維新後の日本の外交力の根拠をともに多民族国家(日本は藩政だったが意識としては連邦制に近かった)であるがゆえ、と論理を発展させたときには鳥肌が立った。限りなく単一民族国家に近い現在の日本、外交力や社交性の欠如が目立つ(当然自分も含めてorz)のは偶然ではないんだろう。

「アウン・サンを徳川家康、スー・チーさんを千姫、軍部を柳生一族になぞらえると、これはまたおもしろいように現代のミャンマーが浮き彫りになってくるのに仰天した」
と解説で椎名誠も言っているように、おもしろおかしくミャンマーの現状を伝えてくれる一冊だ。もちろんミャンマー初心者の方にはたいへん読みやすく入門書としてもいいだろうが、個人的には実際に旅したことのある玄人の方におすすめしたい。

ミャンマーをよく知っている人ほど、高野秀行がすごい作家だと知るはずだ。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 19038

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

One Response to “ミャンマーの柳生一族 高野秀行”

  1. Chests in Clash Royale There are several sorts
    of breasts offered in Clash Royale.

Leave a Reply