イスラム飲酒紀行 高野秀行


「私は酒飲みである。休肝日はまだない」というアル中一歩手前の辺境作家・高野秀行がイスラム圏各国の飲酒事情をルポ。週刊SPA!にて不定期連載された「イスラム飲酒紀行」の単行本化。2011年6月。

マリファナや麻薬または女などには目もくれず、ときには危ない橋を渡って酒を求める著者。タブーとされている飲酒事情とともにイスラムの人々のリアルな姿も徐々に明らかに!?

いやしかし、なんて面白いんだろう。

  • 日本では普通に手に入る酒(入手が難しい地酒の場合もあるが・・・)をわざわざ禁じられている国で探し求める著者。
  • 著者に振り回される森、織田、末澤各氏のなかなかの名脇役っぷり。
  • 最初は「酒はない!」と突っぱね、別れ際に「酒ほしいのか?」と言ってくる心優しい地元の人々。
  • で、結局なんだかんだ酒飲みはどこにでもいて、彼らなりの飲み方で飲酒を楽しんでいる。
  • で、結局彼らといっしょにわいわい飲んでいる著者一行。

おおよそこんな感じだが、各地でいろいろ異なる事情があり、出会う人々にも個性があって、全く飽きない。人が行かないところに行って、人がやらないことをやり、それを面白おかしく書く、とはよく言ったものだ。まさにその通り。

捕まるリスクを冒してまでハイネケンを飲む必要なんてないじゃないか。しかし、その酒を入手する過程で見えてくる人々の素顔や実情に親近感がわいてたまらない。

高野秀行の著書では今まで遠かった世界(辺境)や文化が、身近にそして少し滑稽に描かれている。本書を読む前は、刺激的なタイトルだし、不謹慎で不快に感じる人もいるのかなと思ったが、いったん読み始めれば全くそんなことはない。笑いで腹を抱えながら安心して読んだ。

なぜかといえば、やはり著者がその文化と人々を心底敬っているからなんだろうなと。

面白おかしい本なので、そんな真面目な歯の浮いたセリフは一言も書いてないが、どの著書からも感じることであり、僕が高野秀行が大好きな理由でもある。

全力で続編希望。もっともっとイスラム圏で飲酒紀行をしてほしい。(捕まらない程度に。)

イスラム飲酒紀行
イスラム飲酒紀行
posted with amazlet at 11.10.04
高野 秀行
扶桑社
売り上げランキング: 8945
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

Leave a Reply