空白の五マイル 角幡唯介

Posted 9月 21st, 2011 by kzmr and filed in 角幡唯介

チベット奥地のツアンポー峡谷。著者・角幡唯介はその世界最大の峡谷の探険史を解きほぐし、人跡未踏である空白の5マイルを埋めるべく自ら足を踏み入れる。第8回開高健ノンフィクション賞受賞作。

amazonの紹介より抜粋

チベットの奥地にツアンポー峡谷とよばれる世界最大の峡谷がある。この峡谷は一八世紀から「謎の川」と呼ばれ、長い間、探検家や登山家の挑戦の対象となっ てきた。チベットの母なる川であるツアンポー川は、ヒマラヤ山脈の峡谷地帯で姿を消した後いったいどこに流れるのか、昔はそれが分からなかった。その謎が 解かれた後もツアンポー峡谷の奥地には巨大な滝があると噂され、その伝説に魅せられた多くの探検家が、この場所に足を運んだ。

早稲田大学探検部に所属していた私は大学四年生の時、たまたま手に取った一冊の本がきっかけでこの峡谷の存在を知った。そして一九二四年に英国のフラン ク・キングドン=ウオードによる探検以降、ツアンポー峡谷に残された地理的空白部の踏査が一向に進んでいないことを知った。キングドン=ウオードの探検は ほとんど完璧に近く、彼の探検によりこの峡谷部に残された空白部はもはや五マイル、約八キロしかないといわれていた。しかし残されたこの五マイルに、 ひょっとしたら幻とされた大滝が実在するかもしれない。キングドン=ウオードの残したこの「空白の五マイル」は、探検が探検であった時代の舞台が現代まで 残されている、おそらく世界で最後の場所だった。私は空白の五マイルを含めたツアンポー峡谷の核心部をすべて探検しようと心に決め、一九九八年に部の仲間 と一緒にツアンポー峡谷に向かった。

読み始めてまず気付くのは本書はただ単に探検を記したものではないということだ。
探険史を丹念に解きほぐして、実際に当事者にインタビューをするなど取材が徹底されており、ツアンポー峡谷に挑んだ探検家たちがリアルに描き出されている。
悲しい事件の背景に迫る部分では熱く込み上げてくるものがあるだろう。
そういった歴史を踏まえて自らツアンポー峡谷の空白の5マイルを目指す著者の探検に感情移入せずにはいられない。

最後に「空白の5マイル」という本書のタイトル。
無条件に読むべき本だと判断してしまったがやはり間違っていなかった。
読む前のワクワク感が読後、静かな深い感動に変わる。傑作中の傑作。

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
角幡 唯介
集英社
売り上げランキング: 3857
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

One Response to “空白の五マイル 角幡唯介”

  1. Using this ports that you purchased, you could market 5 items of timber if you use Hay Day
    Cheats.

Leave a Reply