だから混浴はやめられない 山崎まゆみ

Posted 2月 1st, 2012 by kzmr and filed in 山崎まゆみ

温泉ライターとして10年以上のキャリアがある著者が混浴の魅力を余すことなく綴った一冊。2008年10月刊行。

少子化や単独世帯の増加で、家族の団欒というものが減ってきている現代。また、かつて盛んに行われていたが、なくなりつつあるご近所づきあい。希薄になりつつある人との触れ合いの原点にも思えるのが、混浴風呂での出会いであり語らいである。
前書きより抜粋

冒頭のこの文章からも分かるように、キャッチーで挑戦的な本書のタイトルとは裏腹で、いたって真剣に混浴風呂の魅力が綴られている。色っぽい内容だけを期待して開く本でないことはたしかだ。

目次

第1章 そこは恋が始まる場
第2章 主導権を握るのは、やっぱり女性
第3章 失われた原風景を求めて
第4章 良質な湯と豊富な量、そこは理想の温泉郷
第5章 混浴に学ぶ人としての作法
第6章 混浴というセラピー

第1章は思わせぶりな見出し。男性からすれば女性と混浴なんて想像するだけで素敵だけど、
喜びましょう、女性の目から見ても混浴風呂では男性が色っぽく見えているらしいですよ!
でも実際本当にその場に出くわすと案外ガチガチになってしまう気がするな。第2章では一度慣れてしまうと、より混浴を楽しんでいるのは女性の方だよというような内容。なんか納得。
さ て、本書の真骨頂はここから。第3章、第4章では混浴の成り立ちや行為を掘り下げ、本質に迫っていく。スケベ心で読み始めた人もガッカリするどころか、 きっと引きこまれていくはず。
著者の豊富な知識や経験にもとづく考察が面白いというのもあるけど、やはり混浴そのものが奥深いということなんだろう。
第5章、第6章では著者のこれまでの経験や出会いをもとに、混浴から得られる学びや癒しが実例をもって紹介される。けっこうじんわりくる話もあり、読み終えたときにはそれこそ温泉から出てきたばかりのようなほっこりした気分になった。

さしづめ混浴の入門書と言ってよいかもしれないが、「だから混浴はやめられない」というタイトルどおり、著者がいかに混浴に魅力を感じているかが強く伝わってくる。かなり熱い混浴入門書だ。混浴という文化が細々ながらも残っている日本に生きていてよかったと素直に思う。
さてさて。巻末に著者の薦める混浴温泉ベスト50が掲載されているのである。いくしかないでしょ!
 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

Leave a Reply