社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! ちきりん

Posted 6月 13th, 2012 by kzmr and filed in ちきりん

著者はChikirinの日記で有名な人気ブロガーちきりん。「おちゃらけ社会派」を名乗るちきりんが世界を歩いて「自分のアタマで考えた」ことの数々。2012年5月。

意外にもこれまで約50カ国を旅してきたという著者。訪れた国もミャンマーや崩壊前のソビエト連邦などユニークだ。さて本書の大きな特徴は、よくある紀行文のような旅先での出来事ではなく、旅をして得られた発見・知見に主眼が置かれていること。しかも単なる知識としてではなく、旅先での出来事から知見を得るまでのプロセスが気さくな文章ながらも丁寧に描かれている。

著者の前二作は生き方考え方に関するものだし、ブログでもそういった内容のエントリーが多い。本書は旅がテーマとはなっているが、そういった傾向が強く出ており、生き方考え方本の延長と捉えた方がよいかもしれない。

ただだからといって旅本として面白くないかといったらぜんぜんそんなことはなくて、旅先での出来事を後で振り返って得られる発見や考察は楽しみ以外の何物でもない。この土地はどうのあの土地はどうの、旅人同士で酒を飲みながらよくそんな言葉を交わしているはずだ。本気かどうかわからないが「何か学ぶために旅行するのは邪道」などと著者はあとがきに書いているが、知的な発見を目的とした旅もまた素晴らしいと思う。

ガチの紀行文もよいが、逆にこういう旅の本もたまにはいいなと思った一冊。

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

Leave a Reply