週末アジアでちょっと幸せ 下川裕治


元祖日本人バックパッカーと言われる下川裕治氏が週末を利用したアジア旅8編を紹介。いずれの旅も短いが濃厚な旅のエキスが詰まっている。2012年8月30日刊行。

本書で紹介されているのは以下8編。

  • 韓国 大阪〜釜山
  • 台湾 台北〜馬漕花藝村
  • マレーシア マラッカ
  • シンガポール・マレーシア バトゥパハ川
  • 中国 星星峡
  • 沖縄 多良間島
  • ベトナム ドンダンー憑祥
  • バンコク プラカノン運河、センセープ運河

各章末には実際に利用した経路や費用など旅のポイントがまとめられていて役に立つ。また全ての旅に同行したカメラマン中田浩資氏の写真も多数掲載されており旅の雰囲気を盛り上げる。

以下、感想。

なんだか女性向け旅行雑誌の特集のようなタイトルだなぁと思いながら読み始めたが、中身は全然違う。記されているのは男くささ満点のディープな旅だ。

例えばもっとも週末旅のしやすそうな韓国。もちろん普通の旅行はしない。大阪から釜山へフェリーで、しかも雑魚寝の大部屋。着けば着いたで観光は皆無。地元の人が集まる食堂を探して歩き回る。

他にも金子光晴の「マレー蘭印紀行」の記録を辿ってマレーシアの熱帯雨林の奥深くへ向かったり、ベトナムから中国へ陸路で国境を越えたり、バンコクでは観光客皆無の運河と水路を巡ったり。

週末の2〜3日でこんなにディープな旅ができるのかと驚いたし、正直現代の若い旅人や女性にウケるとは思わないが、響く人にはガンガン響く、そんな旅だった。

なかなか時間のとれない往年のバックパッカーには間違いなく刺さる一冊。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)
4022617373

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

Comments are closed.