週末アジアでちょっと幸せ 下川裕治

元祖日本人バックパッカーと言われる下川裕治氏が週末を利用したアジア旅8編を紹介。いずれの旅も短いが濃厚な旅のエキスが詰まっている。2012年8月30日刊行。

本書で紹介されているのは以下8編。

  • 韓国 大阪〜釜山
  • 台湾 台北〜馬漕花藝村
  • マレーシア マラッカ
  • シンガポール・マレーシア バトゥパハ川
  • 中国 星星峡
  • 沖縄 多良間島
  • ベトナム ドンダンー憑祥
  • バンコク プラカノン運河、センセープ運河

各章末には実際に利用した経路や費用など旅のポイントがまとめられていて役に立つ。また全ての旅に同行したカメラマン中田浩資氏の写真も多数掲載されており旅の雰囲気を盛り上げる。

以下、感想。

なんだか女性向け旅行雑誌の特集のようなタイトルだなぁと思いながら読み始めたが、中身は全然違う。記されているのは男くささ満点のディープな旅だ。

例えばもっとも週末旅のしやすそうな韓国。もちろん普通の旅行はしない。大阪から釜山へフェリーで、しかも雑魚寝の大部屋。着けば着いたで観光は皆無。地元の人が集まる食堂を探して歩き回る。

他にも金子光晴の「マレー蘭印紀行」の記録を辿ってマレーシアの熱帯雨林の奥深くへ向かったり、ベトナムから中国へ陸路で国境を越えたり、バンコクでは観光客皆無の運河と水路を巡ったり。

週末の2〜3日でこんなにディープな旅ができるのかと驚いたし、正直現代の若い旅人や女性にウケるとは思わないが、響く人にはガンガン響く、そんな旅だった。

なかなか時間のとれない往年のバックパッカーには間違いなく刺さる一冊。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)
4022617373

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

旅のうねうね グレゴリ青山

独特な味わいのある絵と登場人物たちの旅心をくすぐるやりとり。なによりそのゆるい空気感。芸術の域に達した感のある旅情あふれる旅コミックエッセイ。2012年7月31日刊行。

よい思い出のある旅先は、もう二度と戻れない桃源郷のようなところだと思う

冒頭の「サデックの一日」という章の最後の一コマ。草木の生い茂る田舎道を進むおんぼろ小型バスの後ろ姿の絵に添えられた文章だ。もうこのシーンだけで僕はキュンキュンきた。ツボというかなんというか。そして本書にはそんなシーンがこれでもかというくらい満載なのだ。

旅の思い出って船の航跡に似てる。進んでいく時、船のまわりにうねうねした波の模様ができて、やがて消えていく。旅をしている人のまわりにも、うねうねとした思い出の模様ができる。

あとがきから。あぁ。つまり僕はそのうねうねにときめくのだな。例えば、長期旅行から帰ってきたばかりの人の話が楽しいのは、旅そのものの話じゃなくて、まだうねうねした模様がはっきりしていて、なんならまだそいつ自身がうねうねしているからなんだろうな。なかなかうまく説明できないし、説明しようとも思わないけど、特につげ義春田中小実昌あたりにときめく人にはオススメ。とにかく旅好きな人にとってはとても満足度の高い一冊だというのは間違いない。

旅のうねうね
404899087X

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

LCCで行く!アジア新自由旅行 著者:吉田友和

昨今話題のLCC(Low Cost Carrier)を乗り継いでアジア7カ国を10日間で巡る。運賃総額はなんと3万5000円。新しいスタイルのアジア自由旅行とはどんなものなのか。2012年7月6日刊行。文庫書き下ろし。

LCC元年と言われる2012年。LCCとは何ぞやを解説する本は数あるが、実際のところそれでどんな旅行ができるのかを記した本は本書が最初かもしれない。格安であちこちを周遊できるLCCは旅の可能性を広げる画期的な手段となるのか?著者はスマホ(スマートフォン)やiPadなどのデジタル機器を使いこなす新世代の旅行作家・吉田友和氏。これぞまさに新スタイルとも言うべきアジア旅行が記されている。

以下、利用LCCと発着地。

  • ピーチ航空 札幌(新千歳)➡大阪(関空)
  • ジェットスター・アジア航空 大阪(関空)➡台北(桃園)
  • セブパシフィック航空 台北(桃園)➡マニラ
  • タイガーエアウェイズ マニラ(クラーク)➡バンコク
  • タイ・エアアジア バンコク➡ホーチミンシティ
  • ライオンエア ホーチミンシティ➡シンガポール
  • バリューエア シンガポール➡デンパサール
  • インドネシア・エアアジア デンパサール➡クアラルンプール
  • エアアジアX クアラルンプール➡東京(羽田)

個人的には地を這うようなアジアの陸路の旅が好きだ。公共の交通手段が途絶えるような最果ての村まで行ってみたいという願望が常にある。本書はその正反対とも言えるような、空路で身軽にあちこちを飛び回る旅の話。どうも情緒のなさそうな旅だなぁと思って読み始めたが、読み終えてみるとたいへん面白かった。著者はあとがきで次のように言っている。

LCCとは突き詰めれば航空便の変化形にすぎない。いわば旅のツールの一つにすぎないのだ。それ以上でも、以下でもないと思う。

ツールを使うことでどう旅を発展させられるか。一言で言えばそれが本書に記されていることであり、旅行記であると同時にトラベルハック本でもある。正直いくら安くても同じ旅程で旅をしたいとは思わない。ただLCCをうまく利用すれば、より自分のしたい旅行を実現しやすくなるんだろうなと。そういう期待というか希望が湧いてくる内容だった。アジア旅行好きなら必読でしょう。 

LCCで行く! アジア新自由旅行 (幻冬舎文庫)
4344418905

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

バックパッカーパラダイス さいとう夫婦

さいとう夫婦による1991年からおよそ2年半の世界一周旅行を記録した紀行マンガ。1996年旅行人社より刊行。2010年で10刷となるなどロングランを続けている。

著者のさいとう夫婦はともに漫画家。旅をしながら様々な出来事を漫画化して雑誌にリアルタイム連載を行い、本書はそれらをまとめたものとなる。
2年半という月日をかけての作品集なのでかなりボリュームがあり、旅の役立ち情報も豊富。
それでも親しみのあるユルい感じの絵で描かれていて全体的にほんわかとした雰囲気なので読んでいて疲れることはない。
これが2000円弱で買えるのだから客観的に見ても、とてもコストパフォーマンスのよいコミックだというのは間違いない。

さて内容について。本書を読み終えたとき「なんでこんな面白い本を今まで読んでいなかったんだ!」というのが最初の感想だった。
さいとう夫婦自身のキャラクターが登場して旅での出来事がユーモラスに描かれているわけだが、あくまで主役は旅先で出会った人やモノや出来事。
へんな世界観で覆われていたりすることもなく、旅の感動が素直にまっすぐ伝わってきてすごく心地よく読める。
章が終わるごとに、猛烈にその土地を実際に旅したいという思いを掻き立てられた。

たしかに20年も前の旅でのことなので、情報に古い部分があったり状況が大きく変わっていることもある。しかしそんなのは旅人にとっては大きな問題じゃないだろう。たとえ1年だって変わるときは変わる。
絶対に変わらないのは、旅が素晴らしく感動的な何にも代え難い体験だということだ。それがぎっしりと本書にはつまっている。
夫婦に限らず、すべての旅好きに自信を持ってオススメできる一冊。

おまけ。2011年に休刊した「旅行人」編集長蔵前仁一氏の巻末の解説もよかった!
 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

空白の五マイル 角幡唯介

Posted 9月 21st, 2011 by kzmr and filed in 角幡唯介

チベット奥地のツアンポー峡谷。著者・角幡唯介はその世界最大の峡谷の探険史を解きほぐし、人跡未踏である空白の5マイルを埋めるべく自ら足を踏み入れる。第8回開高健ノンフィクション賞受賞作。

amazonの紹介より抜粋

チベットの奥地にツアンポー峡谷とよばれる世界最大の峡谷がある。この峡谷は一八世紀から「謎の川」と呼ばれ、長い間、探検家や登山家の挑戦の対象となっ てきた。チベットの母なる川であるツアンポー川は、ヒマラヤ山脈の峡谷地帯で姿を消した後いったいどこに流れるのか、昔はそれが分からなかった。その謎が 解かれた後もツアンポー峡谷の奥地には巨大な滝があると噂され、その伝説に魅せられた多くの探検家が、この場所に足を運んだ。

早稲田大学探検部に所属していた私は大学四年生の時、たまたま手に取った一冊の本がきっかけでこの峡谷の存在を知った。そして一九二四年に英国のフラン ク・キングドン=ウオードによる探検以降、ツアンポー峡谷に残された地理的空白部の踏査が一向に進んでいないことを知った。キングドン=ウオードの探検は ほとんど完璧に近く、彼の探検によりこの峡谷部に残された空白部はもはや五マイル、約八キロしかないといわれていた。しかし残されたこの五マイルに、 ひょっとしたら幻とされた大滝が実在するかもしれない。キングドン=ウオードの残したこの「空白の五マイル」は、探検が探検であった時代の舞台が現代まで 残されている、おそらく世界で最後の場所だった。私は空白の五マイルを含めたツアンポー峡谷の核心部をすべて探検しようと心に決め、一九九八年に部の仲間 と一緒にツアンポー峡谷に向かった。

読み始めてまず気付くのは本書はただ単に探検を記したものではないということだ。
探険史を丹念に解きほぐして、実際に当事者にインタビューをするなど取材が徹底されており、ツアンポー峡谷に挑んだ探検家たちがリアルに描き出されている。
悲しい事件の背景に迫る部分では熱く込み上げてくるものがあるだろう。
そういった歴史を踏まえて自らツアンポー峡谷の空白の5マイルを目指す著者の探検に感情移入せずにはいられない。

最後に「空白の5マイル」という本書のタイトル。
無条件に読むべき本だと判断してしまったがやはり間違っていなかった。
読む前のワクワク感が読後、静かな深い感動に変わる。傑作中の傑作。

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
角幡 唯介
集英社
売り上げランキング: 3857
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ