バックパッカーパラダイス さいとう夫婦

さいとう夫婦による1991年からおよそ2年半の世界一周旅行を記録した紀行マンガ。1996年旅行人社より刊行。2010年で10刷となるなどロングランを続けている。

著者のさいとう夫婦はともに漫画家。旅をしながら様々な出来事を漫画化して雑誌にリアルタイム連載を行い、本書はそれらをまとめたものとなる。
2年半という月日をかけての作品集なのでかなりボリュームがあり、旅の役立ち情報も豊富。
それでも親しみのあるユルい感じの絵で描かれていて全体的にほんわかとした雰囲気なので読んでいて疲れることはない。
これが2000円弱で買えるのだから客観的に見ても、とてもコストパフォーマンスのよいコミックだというのは間違いない。

さて内容について。本書を読み終えたとき「なんでこんな面白い本を今まで読んでいなかったんだ!」というのが最初の感想だった。
さいとう夫婦自身のキャラクターが登場して旅での出来事がユーモラスに描かれているわけだが、あくまで主役は旅先で出会った人やモノや出来事。
へんな世界観で覆われていたりすることもなく、旅の感動が素直にまっすぐ伝わってきてすごく心地よく読める。
章が終わるごとに、猛烈にその土地を実際に旅したいという思いを掻き立てられた。

たしかに20年も前の旅でのことなので、情報に古い部分があったり状況が大きく変わっていることもある。しかしそんなのは旅人にとっては大きな問題じゃないだろう。たとえ1年だって変わるときは変わる。
絶対に変わらないのは、旅が素晴らしく感動的な何にも代え難い体験だということだ。それがぎっしりと本書にはつまっている。
夫婦に限らず、すべての旅好きに自信を持ってオススメできる一冊。

おまけ。2011年に休刊した「旅行人」編集長蔵前仁一氏の巻末の解説もよかった!
 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

幻獣ムベンベを追え 高野秀行

Posted 11月 1st, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

アフリカ・コンゴ奥地の湖に棲息するという幻獣モケーレ・ムベンベの発見に挑んだ
高野秀行(現在押しも押されぬ辺境作家)を中心とする早稲田大学探検部の記録。
果たしてムベンベは本当に存在するのか!?
ジャングルでサバイバルしながら世紀の発見に挑むが・・・

とにかく本気なのだ。本気で幻の怪獣ムベンベを探しているのだ。
途中、いやそもそも最初からその存在はまことにあやしい。
しかし彼らは過酷なサバイバルをしながらその存在を、発見を信じて探し続ける。

普通の分別のある(ついてしまった)大人はこんなことはしない(できない)。
しかし本書の面白いところは多分にそのことに自覚的であることだ。
もしかしたら俺たちはすごく馬鹿なことをしているんではないか?と。
それが、単なる挑戦の記録としておらず、読み物として心地いい。

ネタバレする危険を恐れずに言えば、後半、もうムベンベがいようがいまいが
そんなことは重要ではなくなるのだ。
ただただ彼らの挑戦に賛辞を送り、夢を見させてくれたことに感謝したい。

僕はこの本で高野秀行を知り、以後ずっとファンであり続けている。

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 72270
おすすめ度の平均: 4.0

1 幻獣ムベンベを追え
4 ホントにノンフィクション?
4 若さとバカさへの一大賛歌
5 これは。。。
4 真剣に怪獣探ししてきたんですね

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ