旅のうねうね グレゴリ青山

独特な味わいのある絵と登場人物たちの旅心をくすぐるやりとり。なによりそのゆるい空気感。芸術の域に達した感のある旅情あふれる旅コミックエッセイ。2012年7月31日刊行。

よい思い出のある旅先は、もう二度と戻れない桃源郷のようなところだと思う

冒頭の「サデックの一日」という章の最後の一コマ。草木の生い茂る田舎道を進むおんぼろ小型バスの後ろ姿の絵に添えられた文章だ。もうこのシーンだけで僕はキュンキュンきた。ツボというかなんというか。そして本書にはそんなシーンがこれでもかというくらい満載なのだ。

旅の思い出って船の航跡に似てる。進んでいく時、船のまわりにうねうねした波の模様ができて、やがて消えていく。旅をしている人のまわりにも、うねうねとした思い出の模様ができる。

あとがきから。あぁ。つまり僕はそのうねうねにときめくのだな。例えば、長期旅行から帰ってきたばかりの人の話が楽しいのは、旅そのものの話じゃなくて、まだうねうねした模様がはっきりしていて、なんならまだそいつ自身がうねうねしているからなんだろうな。なかなかうまく説明できないし、説明しようとも思わないけど、特につげ義春田中小実昌あたりにときめく人にはオススメ。とにかく旅好きな人にとってはとても満足度の高い一冊だというのは間違いない。

旅のうねうね
404899087X

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

てくてくカメラ紀行 石川文洋

Posted 10月 10th, 2010 by kzmr and filed in 石川文洋

報道カメラマン石川文洋がカメラを持って徒歩で日本縦断した。
風景、人々、動植物。様々なものにカメラを向けて日本を綴る。

石川文洋65歳。
2003年7月15日、日本の最北端、北海道・宗谷岬を徒歩で出発して、
同年12月10日沖縄・那覇に到着。日本海に沿って3300km歩いた。
本書は道中で撮影した様々な写真とその土地ごとの感想やコラムで構成されている。

石川文洋と聞くと戦場カメラマンというイメージが強いのだが、
それらの土地へ以前に撮影で訪れた際の回想も多く、
実はこれまでに様々な物事を撮影してきたということが分かる。
本書に収められている写真や文章はノンテーマなだけに
その知見の幅広さや愛すべき人となりがダイレクトに伝わる。

本当にじんわりと面白くなってくる本だ。

舞台は現代の日本で、当然誰もが通れる道を進んでいるわけだから、
そうそう目新しいものがあるわけではないのだが、どこか異国のように錯覚することがある。
そのフィルターはもちろん著者の戦場を主とした様々な経験で培われたものだろうが、
徒歩というもっともスローな移動手段での旅によるところもかなり大きいのではと思う。

おそらく、ある地点から別の地点へ素早く移動してしまうと、
大きな変化に目を奪われて、微細な変化には気付きにくくなるのではないか。
ゆっくりした移動だからこそ、多くの人が目を止めない微細な変化に敏感になることができ、
まるで異国にきたかのような発見の連続が可能になるんじゃないか。

恥ずかしながら、僕自身、横浜から新潟・直江津まで徒歩で旅したことがあるのだが、
土地から土地へ少しづつ移動していく日々、「雰囲気」がなんとなく変化していくのを感じた。
学生だった当時の僕はあまりに無知で、「雰囲気」を言葉に置き換えることができなかったし、
歴史を知らず、動植物の名も知らず、今でも「雰囲気」しか思い出すことができないけれども。

しかし石川文洋にはカメラがあり、多くの経験と知見がある。
ぜひ本書を手に取り、著者の昔話などに耳を傾けながらゆっくり日本を再発見していただきたい

あぁ、てくてく歩いて旅したい。

てくてくカメラ紀行―北海道‾沖縄3300キロ (エイ文庫)
石川 文洋
エイ出版社
売り上げランキング: 499194
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア達人旅行 下川裕治

Posted 3月 6th, 2010 by kzmr and filed in 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。1995年6月。
長年アジアを旅し、アジア各国の人々と関わってきた下川裕治の旅エッセイ。

1章 アジアに旅に出る
・旅のときに持っていくバッグについてのこだわりや格安航空券の歴史など。お役立ち情報。

2章 アジアの暮らし
・雨季のタイを例にアジアの人々の気性を語る。料理や家電に対する考え方も面白い。

3章 アジアを飲む
・アジアの飲み物事情。水、ウィスキー、茶、コーラにまつわるエッセイ。

4章 旅遊快楽。萬事如意
・ビルマ、インドネシア、タイ、ベトナムの旅エッセイ。各国の政治・経済の事情にも言及。

5章 アジア新事情
・バングラディシュのアラカン人難民との関わりや、UNTAC駐留時代のカンボジア・タイ国境での密貿易など。シリアスな話題。

個人的に面白かったのは、4章の松葉杖でベトナムやラオスを旅行したときの話。
旅行直前に転んで膝を捻挫してしまった著者は松葉杖での旅行を余儀なくされるが、
ベトナムやラオスの空港で思わぬ好待遇を得、また現地の人々の優しさに触れる。
しかし、東京に戻ってきて東南アジアとはあまりに違う対応に戸惑ったとのこと。
東南アジアの階段にはスロープはないし点字の表示もないが助けてくれる人がいる、
というのはなんとも素敵な話だ。

また同じく4章のビルマ・チェイントンを訪ねたときの話も興味深かった。
古いタイ王朝の都で、タイにも中国にもさほど遠くない場所に位置するが、
経済成長の影響をさほど受けずにひっそりと存在し続けてきた。
今はもうとくに観光すべきものはない静かな町である。
この町の魅力を一言で言い表すのはたいへん難しいが、
この1編を読めばその一片をうかがうことができるだろう。
著者は最後にひとこと「いい街である。」といって終わる。

アジア達人旅行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 593901
おすすめ度の平均: 4.0

4 今回は同じ話の繰り返しでなく,新鮮な感じ
4 真剣な話

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア極楽旅行 下川裕治

Posted 1月 29th, 2010 by kzmr and filed in 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。1996年10月。
長年アジアを旅してきた著者がディープなアジアを語る旅エッセイ。

目次は次の通り。

1章 アジアの旅の十二カ条
 ホテルの部屋ではウンコをしない
 駅前ティッシュをアジアへ持参する
 アジアの旅にはドルの現金を持っていく
 貧乏旅行者は女を買うな
 アジア好きなら車の免許を持つな
 アジアではすべての動力車がタクシーである
 中国人は寒さにめちゃくちゃ強いから注意しよう
 タバコを喫う人の権利は通用しないと思え
 アジアのホテルのクリーニングは申し訳ないほど安い
 アジアのギャンブルおばさんとは場を囲むな
 東南アジアではソファに座るな
 アジアの米は変幻自在であることを知れ

2章 アジアと日本の新しい関係
 都バスがラングーンを走る
 海を渡ったタマゴと魚肉ソーセージ
 三角折りトイレットペーパーのナゾ
 アジアに流出するセックス大国、日本

3章 日本とかかわるアジア人物語
 マウンの帰国
 エイズ青年の帰国
 ムイの恋
 アラカン人の日本

4章 激揺するアジア
 上海と広州
 中国に還る
 プノンペンの闇
 瞑想の国

1章と2章は著者の旅の経験談を中心にしたユーモアのあるエッセイ。多少アジアを貧乏旅行した経験のある方なら、ついつい「あるある」とか「へぇ〜」とかいつだかのテレビ番組みたいな相槌を打ちたくなるような面白話が満載だ。そして3章と4章。こちらは一転シリアスな話題となる。3章では著者のかかわったミャンマー人やタイ人、そしてアラカン人が来日して直面したリアルな現実が語られる。特に日本でエイズに感染したタイ人の青年の話はあまりにもリアルで切ない。4章のカンボジア、そしてミャンマーの政治に端を発する国の実情も決して我々が忘れてはならないことである。
面白いこともシリアスなこともひっくるめてアジア。そう実感できる一冊だ。

アジア極楽旅行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 522631
おすすめ度の平均: 3.5

3 ごちゃまぜエッセイ
4 比較文化論の論文が書けるかも
3 珍しく問題意識が前面に

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア迷走紀行 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。2001年6月。 長年アジアを旅してきた著者が旅人視線で移り変わりゆくアジアを綴る。

章立ては以下の通り。

第一章 変わりゆくバックパッカー

第二章 新・アジア食事情

第三章 ちょっとおまぬけ、アジアンビジネス

第四章 アジア人間模様

第五章 それでも僕は旅をする

それぞれの章は数編のコラムからなっている。 個人的に特に面白かったものをピックアップしてみる。

アジアン・ジャパニーズ

本来社会からのドロップアウトの烙印を押されていたはずの貧乏旅行者が、アジアン・ジャパニーズによって市民権を与えられて沈没旅が正当化されたという。最近、カオサンを歩く日本人の歩き方が堂々としている気がするとのこと。確かにいつの間にか貧乏旅行=ドロップアウトではなくなってきているなぁと思った。

連鎖退社を選ぶOL達

仲の良い友人が会社を辞職することになり、話し相手がいなくなるという理由で辞職を申し出たタイのOLを例に、タイの労働観について述べられている。自分の能力を超えているものには手を出さず、就業時間が終わればさっさと帰る。日本人の半分くらいの労働力しかないのではと。その割には経営者は大風呂敷を広げるので納期は守れない 。しかし最近はその労働観も日本的になりつつあり、仕事がしやすくなる一方、どこか寂しい気もする・・・

成田空港密入国を追った日々

日本で不法に働くアジア人が社会問題になっていた頃、タイ人女性(手引きしているのはヤクザ)が密入国を試みた様子と手口が詳細に描かれている。手に汗を握ってしまう。今の成田空港が平和なのは、日本経済の後退が彼らの日本熱を奪ったからだという。

ロスマンズが消えていく

世界的に喫煙者が少なっているがアジアも例外ではない。空港などで喫煙スペースがどんどん限られてきている。しかも著者の好きな銘柄ロスマンズも姿を消すのは時間の問題とのこと。いずれ喫煙はノスタルジックな行為となっていくのかもしれない。

貧乏旅行でなくても安宿にひかれる

人からなんといわれようと安宿が気が楽だという著者に共感。僕もまた「部屋に体を合わせるタイプ」なのかもしれない。確かに高級ホテルってどうしても挙動不審になってしまうんだよなぁ。

全部で20編のコラムがあるが、どれも積年の経験から生まれた含蓄に満ちている。 読む人それぞれに興味深いものが見つかるだろう。

 

アジア迷走紀行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 746229
おすすめ度の平均: 4.0

4 変わりゆくアジア

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ