地雷を踏んだらサヨウナラ 一ノ瀬泰造

26歳でこの世を去った戦争カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。写真の掲載も多数。

著者の一ノ瀬泰造は1972〜1973年にかけてベトナム・サイゴン(ホーチミン)、 カンボジア・プノンペン、同じくシェムリアプなどで、ベトナム戦争やカンボジア内戦を取材。 多くの写真を撮影した。UPIニュース写真月間最優秀賞も受賞している。本書に収められている書簡は、そのときに日本にいる両親や友人、先生等に宛てたものである。 1999年浅野忠信主演で映画化され、話題となった。

本書で浮かび上がる素顔の一ノ瀬泰造は、野心的で、無謀で、そして底抜けに明るい。

そんな若さの溢れる著者だったから戦争の悲惨さを撮り続けることができたのだろう。まさに命をかけて、好きなこと=写真に取り組んだその姿はあまりにも眩しい。

若さとはこんなに素晴らしいものだったのかと感動せずにはいられなかった。

ぜひ若者に読んでほしい一冊だ。 また、僕自身息子がいる立場になったからだろうか、改めて読み返すと、 息子の活躍を喜びながらも身を案じる母親の文面にひどく共感してしまった。 カンボジアでその亡き骸を確認したときの両親の姿を思うと、込み上げてくるものがある。

最後に、一ノ瀬泰造が目指したアンコールワットは、今や最もポピュラーな世界遺産の一つだ。 確かに素晴らしい建造物でレリーフも美しく、芸術的にも見るべきところは多いだろう。 しかし、かつてはクメール・ルージュの拠点であり、弾痕もまだ残っている。 撤去が進んでいるものの周辺には地雷もまだ埋まったままだ。

訪れる機会があれば、カンボジアの痛々しい歴史にもぜひ目を向けて欲しい。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造
講談社
売り上げランキング: 105074
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア極楽旅行 下川裕治

Posted 1月 29th, 2010 by kzmr and filed in 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。1996年10月。
長年アジアを旅してきた著者がディープなアジアを語る旅エッセイ。

目次は次の通り。

1章 アジアの旅の十二カ条
 ホテルの部屋ではウンコをしない
 駅前ティッシュをアジアへ持参する
 アジアの旅にはドルの現金を持っていく
 貧乏旅行者は女を買うな
 アジア好きなら車の免許を持つな
 アジアではすべての動力車がタクシーである
 中国人は寒さにめちゃくちゃ強いから注意しよう
 タバコを喫う人の権利は通用しないと思え
 アジアのホテルのクリーニングは申し訳ないほど安い
 アジアのギャンブルおばさんとは場を囲むな
 東南アジアではソファに座るな
 アジアの米は変幻自在であることを知れ

2章 アジアと日本の新しい関係
 都バスがラングーンを走る
 海を渡ったタマゴと魚肉ソーセージ
 三角折りトイレットペーパーのナゾ
 アジアに流出するセックス大国、日本

3章 日本とかかわるアジア人物語
 マウンの帰国
 エイズ青年の帰国
 ムイの恋
 アラカン人の日本

4章 激揺するアジア
 上海と広州
 中国に還る
 プノンペンの闇
 瞑想の国

1章と2章は著者の旅の経験談を中心にしたユーモアのあるエッセイ。多少アジアを貧乏旅行した経験のある方なら、ついつい「あるある」とか「へぇ〜」とかいつだかのテレビ番組みたいな相槌を打ちたくなるような面白話が満載だ。そして3章と4章。こちらは一転シリアスな話題となる。3章では著者のかかわったミャンマー人やタイ人、そしてアラカン人が来日して直面したリアルな現実が語られる。特に日本でエイズに感染したタイ人の青年の話はあまりにもリアルで切ない。4章のカンボジア、そしてミャンマーの政治に端を発する国の実情も決して我々が忘れてはならないことである。
面白いこともシリアスなこともひっくるめてアジア。そう実感できる一冊だ。

アジア極楽旅行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 522631
おすすめ度の平均: 3.5

3 ごちゃまぜエッセイ
4 比較文化論の論文が書けるかも
3 珍しく問題意識が前面に

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

メコン・黄金水道をゆく 椎名誠

Posted 1月 14th, 2010 by kzmr and filed in 椎名誠

2003年、世界の辺境を知る椎名誠がインドシナ半島を壮大なスケールで流れるメコン河を旅した。45日間かけてメコン河沿いにラオスからカンボジア、ベトナムと下った紀行文。
2004年単行本刊行。文庫もあり。

道のりはおおよそ以下の通り。

【ラオス】
シェンコック→ルアンナムター→ウドムサイ→ルアンパバーン→パクセ
【カンボジア】
シェムリアプ→トンレサップ湖→プノンペン
【ベトナム】
チャウドック→カントー→チャービン

椎名誠の紀行文は本当に安心して読むことができる。ざっくばらんな感じで楽しく読めるのに、現地の人たちの営みや文化に対する観察眼は鋭い。鋭いだけでなく、あたたかい敬意が込もっているので、僕らは素直に驚き、感動できるのだ。本書はその良さがすごく出ていて、椎名誠の代表作と言っていいのではないかと思う。僕自身メコン河を何度か旅行で訪れたこともあり、特別な思い入れがあるからかもしれないが。

メコン河ならではの多彩な漁法。
豊かな自然そのままの食文化。
質素ながらも力強く生きる人々。
読めば読むほど強烈に旅したい気持ちにかられてくる。随所に出てくる写真もいい。

メコンへの旅行を考えている人にとってはよき入門書になるであろう。
しかし、それ以上に、旅したことがある人におすすめしたい旅本だ。
そのとき言葉にできなかった感動が、ここに表現されている。

メコン・黄金水道をゆく
椎名 誠
集英社
売り上げランキング: 515117
おすすめ度の平均: 4.0

4 壮大でゆったりとしたメコンと時間の流れがそこにはある
4 「アジアのアマゾン」を縦断する旅

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ