地雷を踏んだらサヨウナラ 一ノ瀬泰造

26歳でこの世を去った戦争カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。写真の掲載も多数。

著者の一ノ瀬泰造は1972〜1973年にかけてベトナム・サイゴン(ホーチミン)、 カンボジア・プノンペン、同じくシェムリアプなどで、ベトナム戦争やカンボジア内戦を取材。 多くの写真を撮影した。UPIニュース写真月間最優秀賞も受賞している。本書に収められている書簡は、そのときに日本にいる両親や友人、先生等に宛てたものである。 1999年浅野忠信主演で映画化され、話題となった。

本書で浮かび上がる素顔の一ノ瀬泰造は、野心的で、無謀で、そして底抜けに明るい。

そんな若さの溢れる著者だったから戦争の悲惨さを撮り続けることができたのだろう。まさに命をかけて、好きなこと=写真に取り組んだその姿はあまりにも眩しい。

若さとはこんなに素晴らしいものだったのかと感動せずにはいられなかった。

ぜひ若者に読んでほしい一冊だ。 また、僕自身息子がいる立場になったからだろうか、改めて読み返すと、 息子の活躍を喜びながらも身を案じる母親の文面にひどく共感してしまった。 カンボジアでその亡き骸を確認したときの両親の姿を思うと、込み上げてくるものがある。

最後に、一ノ瀬泰造が目指したアンコールワットは、今や最もポピュラーな世界遺産の一つだ。 確かに素晴らしい建造物でレリーフも美しく、芸術的にも見るべきところは多いだろう。 しかし、かつてはクメール・ルージュの拠点であり、弾痕もまだ残っている。 撤去が進んでいるものの周辺には地雷もまだ埋まったままだ。

訪れる機会があれば、カンボジアの痛々しい歴史にもぜひ目を向けて欲しい。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造
講談社
売り上げランキング: 105074
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

旅人の心得 田口ランディ

旅の経験が豊富で、旅行記の著書が多数ある作家・田口ランディの旅エッセイ。
2003年に単行本が出版され2007年文庫化。

旅人の心得というタイトルは、著者が宮古島で踏み入ってはならないとされている神聖な場所にそれと知らず入ってしまった経験から、土地と人に対して謙虚でなければならないと胸に刻んだことによる。
実はこの章以外は短くラフな旅行記やエッセイからなっていて、笑いあり、じんわりあり、なかにはシリアスなものも含まれるが、決して説教くさいものではない。
本書で言及されているのは、沖縄の島々をはじめ、アルタイ、郡上八幡、ナバホ、メキシコのバハ・カリフォルニア、ニューヨーク、タスマニア、カンボジア・シェムリアプ、広島。
それらの土地と出会った人々から著者が得た自然や文化に対する感動を追体験できるカジュアルなエッセイである。

エッセイというのは「そうそう。まさにそう思っていたんだ」という読者の共感を得られるかどうかというのが一つの評価基準だが、田口ランディのエッセイはそれが抜群に素晴らしいと思う。
経済と自然のバランスとか、戦争や宗教・祭事といったデリケートで扱うのが難しいテーマを、とてもカジュアルな(と読者に思わせる)感性で、僕ら一般人に近しい表現で語ってくれる。
それにより、僕らはあたかも自分がその場にいたかのように著者の経験や感動を追体験できるのだ。

旅をしたいがなかなか時間を取れないというときにぜひ本書を手に取っていただきたい。
旅の経験や感動を味わうことで、その欲求を解消できるだろう・・・
というのは大嘘で、ますます旅に出たくてしかたなくなるに違いない。
そのときは思うがままに行動すればいいのだ。

旅人の心得 (角川文庫)
旅人の心得 (角川文庫)
posted with amazlet at 09.12.16
田口 ランディ
角川書店
売り上げランキング: 254967
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ