週末アジアでちょっと幸せ 下川裕治

元祖日本人バックパッカーと言われる下川裕治氏が週末を利用したアジア旅8編を紹介。いずれの旅も短いが濃厚な旅のエキスが詰まっている。2012年8月30日刊行。

本書で紹介されているのは以下8編。

  • 韓国 大阪〜釜山
  • 台湾 台北〜馬漕花藝村
  • マレーシア マラッカ
  • シンガポール・マレーシア バトゥパハ川
  • 中国 星星峡
  • 沖縄 多良間島
  • ベトナム ドンダンー憑祥
  • バンコク プラカノン運河、センセープ運河

各章末には実際に利用した経路や費用など旅のポイントがまとめられていて役に立つ。また全ての旅に同行したカメラマン中田浩資氏の写真も多数掲載されており旅の雰囲気を盛り上げる。

以下、感想。

なんだか女性向け旅行雑誌の特集のようなタイトルだなぁと思いながら読み始めたが、中身は全然違う。記されているのは男くささ満点のディープな旅だ。

例えばもっとも週末旅のしやすそうな韓国。もちろん普通の旅行はしない。大阪から釜山へフェリーで、しかも雑魚寝の大部屋。着けば着いたで観光は皆無。地元の人が集まる食堂を探して歩き回る。

他にも金子光晴の「マレー蘭印紀行」の記録を辿ってマレーシアの熱帯雨林の奥深くへ向かったり、ベトナムから中国へ陸路で国境を越えたり、バンコクでは観光客皆無の運河と水路を巡ったり。

週末の2〜3日でこんなにディープな旅ができるのかと驚いたし、正直現代の若い旅人や女性にウケるとは思わないが、響く人にはガンガン響く、そんな旅だった。

なかなか時間のとれない往年のバックパッカーには間違いなく刺さる一冊。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)
4022617373

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

バックパッカーパラダイス さいとう夫婦

さいとう夫婦による1991年からおよそ2年半の世界一周旅行を記録した紀行マンガ。1996年旅行人社より刊行。2010年で10刷となるなどロングランを続けている。

著者のさいとう夫婦はともに漫画家。旅をしながら様々な出来事を漫画化して雑誌にリアルタイム連載を行い、本書はそれらをまとめたものとなる。
2年半という月日をかけての作品集なのでかなりボリュームがあり、旅の役立ち情報も豊富。
それでも親しみのあるユルい感じの絵で描かれていて全体的にほんわかとした雰囲気なので読んでいて疲れることはない。
これが2000円弱で買えるのだから客観的に見ても、とてもコストパフォーマンスのよいコミックだというのは間違いない。

さて内容について。本書を読み終えたとき「なんでこんな面白い本を今まで読んでいなかったんだ!」というのが最初の感想だった。
さいとう夫婦自身のキャラクターが登場して旅での出来事がユーモラスに描かれているわけだが、あくまで主役は旅先で出会った人やモノや出来事。
へんな世界観で覆われていたりすることもなく、旅の感動が素直にまっすぐ伝わってきてすごく心地よく読める。
章が終わるごとに、猛烈にその土地を実際に旅したいという思いを掻き立てられた。

たしかに20年も前の旅でのことなので、情報に古い部分があったり状況が大きく変わっていることもある。しかしそんなのは旅人にとっては大きな問題じゃないだろう。たとえ1年だって変わるときは変わる。
絶対に変わらないのは、旅が素晴らしく感動的な何にも代え難い体験だということだ。それがぎっしりと本書にはつまっている。
夫婦に限らず、すべての旅好きに自信を持ってオススメできる一冊。

おまけ。2011年に休刊した「旅行人」編集長蔵前仁一氏の巻末の解説もよかった!
 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア達人旅行 下川裕治

Posted 3月 6th, 2010 by kzmr and filed in 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。1995年6月。
長年アジアを旅し、アジア各国の人々と関わってきた下川裕治の旅エッセイ。

1章 アジアに旅に出る
・旅のときに持っていくバッグについてのこだわりや格安航空券の歴史など。お役立ち情報。

2章 アジアの暮らし
・雨季のタイを例にアジアの人々の気性を語る。料理や家電に対する考え方も面白い。

3章 アジアを飲む
・アジアの飲み物事情。水、ウィスキー、茶、コーラにまつわるエッセイ。

4章 旅遊快楽。萬事如意
・ビルマ、インドネシア、タイ、ベトナムの旅エッセイ。各国の政治・経済の事情にも言及。

5章 アジア新事情
・バングラディシュのアラカン人難民との関わりや、UNTAC駐留時代のカンボジア・タイ国境での密貿易など。シリアスな話題。

個人的に面白かったのは、4章の松葉杖でベトナムやラオスを旅行したときの話。
旅行直前に転んで膝を捻挫してしまった著者は松葉杖での旅行を余儀なくされるが、
ベトナムやラオスの空港で思わぬ好待遇を得、また現地の人々の優しさに触れる。
しかし、東京に戻ってきて東南アジアとはあまりに違う対応に戸惑ったとのこと。
東南アジアの階段にはスロープはないし点字の表示もないが助けてくれる人がいる、
というのはなんとも素敵な話だ。

また同じく4章のビルマ・チェイントンを訪ねたときの話も興味深かった。
古いタイ王朝の都で、タイにも中国にもさほど遠くない場所に位置するが、
経済成長の影響をさほど受けずにひっそりと存在し続けてきた。
今はもうとくに観光すべきものはない静かな町である。
この町の魅力を一言で言い表すのはたいへん難しいが、
この1編を読めばその一片をうかがうことができるだろう。
著者は最後にひとこと「いい街である。」といって終わる。

アジア達人旅行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 593901
おすすめ度の平均: 4.0

4 今回は同じ話の繰り返しでなく,新鮮な感じ
4 真剣な話

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア迷走紀行 下川裕治

下川裕治のアジアシリーズ。徳間文庫書き下ろし。2001年6月。 長年アジアを旅してきた著者が旅人視線で移り変わりゆくアジアを綴る。

章立ては以下の通り。

第一章 変わりゆくバックパッカー

第二章 新・アジア食事情

第三章 ちょっとおまぬけ、アジアンビジネス

第四章 アジア人間模様

第五章 それでも僕は旅をする

それぞれの章は数編のコラムからなっている。 個人的に特に面白かったものをピックアップしてみる。

アジアン・ジャパニーズ

本来社会からのドロップアウトの烙印を押されていたはずの貧乏旅行者が、アジアン・ジャパニーズによって市民権を与えられて沈没旅が正当化されたという。最近、カオサンを歩く日本人の歩き方が堂々としている気がするとのこと。確かにいつの間にか貧乏旅行=ドロップアウトではなくなってきているなぁと思った。

連鎖退社を選ぶOL達

仲の良い友人が会社を辞職することになり、話し相手がいなくなるという理由で辞職を申し出たタイのOLを例に、タイの労働観について述べられている。自分の能力を超えているものには手を出さず、就業時間が終わればさっさと帰る。日本人の半分くらいの労働力しかないのではと。その割には経営者は大風呂敷を広げるので納期は守れない 。しかし最近はその労働観も日本的になりつつあり、仕事がしやすくなる一方、どこか寂しい気もする・・・

成田空港密入国を追った日々

日本で不法に働くアジア人が社会問題になっていた頃、タイ人女性(手引きしているのはヤクザ)が密入国を試みた様子と手口が詳細に描かれている。手に汗を握ってしまう。今の成田空港が平和なのは、日本経済の後退が彼らの日本熱を奪ったからだという。

ロスマンズが消えていく

世界的に喫煙者が少なっているがアジアも例外ではない。空港などで喫煙スペースがどんどん限られてきている。しかも著者の好きな銘柄ロスマンズも姿を消すのは時間の問題とのこと。いずれ喫煙はノスタルジックな行為となっていくのかもしれない。

貧乏旅行でなくても安宿にひかれる

人からなんといわれようと安宿が気が楽だという著者に共感。僕もまた「部屋に体を合わせるタイプ」なのかもしれない。確かに高級ホテルってどうしても挙動不審になってしまうんだよなぁ。

全部で20編のコラムがあるが、どれも積年の経験から生まれた含蓄に満ちている。 読む人それぞれに興味深いものが見つかるだろう。

 

アジア迷走紀行 (徳間文庫)
下川 裕治
徳間書店
売り上げランキング: 746229
おすすめ度の平均: 4.0

4 変わりゆくアジア

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

インドは今日も雨だった 蔵前仁一

バックパッカー系の旅行誌「旅行人」の編集長である蔵前仁一のインド旅行記&エッセイ。
著書「ゴーゴー・インド」でも知られるようにインドへの貧乏旅行の豊富な経験をもつ著者が、ダラムサラ方面やキナウル地方といったインド北部を周遊。
さらにネパール・カトマンズへのスケッチ旅行と、世界一汚いと言われるカルカッタ・サダルストリートについてのエッセイも収録されている。

バックパッカー的な長期旅行をしているときの楽しみの一つとして、ゲストハウスなどで出会うパッカー達との情報交換があるだろう。
交通や気候などの実際的な情報収集はもちろんだが、それ以上にお互いの旅について聞いたり話したりするのはこの上もなく楽しい。
そうやって得た情報をもとに当初の旅程を変更するなんていうのはよくある話だ。
そもそも最初からそれをあてにして旅程を計画しない人だっているんだから。

何が言いたいかというと、本書を読んでそういった楽しさを感じたのだ。
決してきれいじゃないゲストハウスのロビーですごく面白い旅の話を聞いているようだった。
しかも相手は旅の達人。実際に役に立つ情報もあり、その上、味のあるスケッチも見せてくれるんだから、こんなに楽しいことはない。
それともう一点特筆したいのは、くだけた感じの文章であるにも関わらず、全体を通して土地や文化、人に対して深い尊敬が感じられることだ。
そういう意味でもバックパッカー達の心をぐっとつかむに違いない。

こういう面白い本に出会うと、心の底から旅に出たくなる。
本書を読めばきっと誰もが「あぁインドに行きたい」と思うはずだ。

そして、、、旅先で著者の蔵前仁一にばったり出会いそうな気がするのは僕だけだろうか。

インドは今日も雨だった (講談社文庫)
蔵前 仁一
講談社
売り上げランキング: 521277
おすすめ度の平均: 4.0

4 面白かった
5 気軽に旅気分
4 インド北部への旅
4 インドへの愛情が伝わってきます
4 インド本の元祖

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ