週末アジアでちょっと幸せ 下川裕治

元祖日本人バックパッカーと言われる下川裕治氏が週末を利用したアジア旅8編を紹介。いずれの旅も短いが濃厚な旅のエキスが詰まっている。2012年8月30日刊行。

本書で紹介されているのは以下8編。

  • 韓国 大阪〜釜山
  • 台湾 台北〜馬漕花藝村
  • マレーシア マラッカ
  • シンガポール・マレーシア バトゥパハ川
  • 中国 星星峡
  • 沖縄 多良間島
  • ベトナム ドンダンー憑祥
  • バンコク プラカノン運河、センセープ運河

各章末には実際に利用した経路や費用など旅のポイントがまとめられていて役に立つ。また全ての旅に同行したカメラマン中田浩資氏の写真も多数掲載されており旅の雰囲気を盛り上げる。

以下、感想。

なんだか女性向け旅行雑誌の特集のようなタイトルだなぁと思いながら読み始めたが、中身は全然違う。記されているのは男くささ満点のディープな旅だ。

例えばもっとも週末旅のしやすそうな韓国。もちろん普通の旅行はしない。大阪から釜山へフェリーで、しかも雑魚寝の大部屋。着けば着いたで観光は皆無。地元の人が集まる食堂を探して歩き回る。

他にも金子光晴の「マレー蘭印紀行」の記録を辿ってマレーシアの熱帯雨林の奥深くへ向かったり、ベトナムから中国へ陸路で国境を越えたり、バンコクでは観光客皆無の運河と水路を巡ったり。

週末の2〜3日でこんなにディープな旅ができるのかと驚いたし、正直現代の若い旅人や女性にウケるとは思わないが、響く人にはガンガン響く、そんな旅だった。

なかなか時間のとれない往年のバックパッカーには間違いなく刺さる一冊。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)
4022617373

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

旅のうねうね グレゴリ青山

独特な味わいのある絵と登場人物たちの旅心をくすぐるやりとり。なによりそのゆるい空気感。芸術の域に達した感のある旅情あふれる旅コミックエッセイ。2012年7月31日刊行。

よい思い出のある旅先は、もう二度と戻れない桃源郷のようなところだと思う

冒頭の「サデックの一日」という章の最後の一コマ。草木の生い茂る田舎道を進むおんぼろ小型バスの後ろ姿の絵に添えられた文章だ。もうこのシーンだけで僕はキュンキュンきた。ツボというかなんというか。そして本書にはそんなシーンがこれでもかというくらい満載なのだ。

旅の思い出って船の航跡に似てる。進んでいく時、船のまわりにうねうねした波の模様ができて、やがて消えていく。旅をしている人のまわりにも、うねうねとした思い出の模様ができる。

あとがきから。あぁ。つまり僕はそのうねうねにときめくのだな。例えば、長期旅行から帰ってきたばかりの人の話が楽しいのは、旅そのものの話じゃなくて、まだうねうねした模様がはっきりしていて、なんならまだそいつ自身がうねうねしているからなんだろうな。なかなかうまく説明できないし、説明しようとも思わないけど、特につげ義春田中小実昌あたりにときめく人にはオススメ。とにかく旅好きな人にとってはとても満足度の高い一冊だというのは間違いない。

旅のうねうね
404899087X

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

LCCで行く!アジア新自由旅行 著者:吉田友和

昨今話題のLCC(Low Cost Carrier)を乗り継いでアジア7カ国を10日間で巡る。運賃総額はなんと3万5000円。新しいスタイルのアジア自由旅行とはどんなものなのか。2012年7月6日刊行。文庫書き下ろし。

LCC元年と言われる2012年。LCCとは何ぞやを解説する本は数あるが、実際のところそれでどんな旅行ができるのかを記した本は本書が最初かもしれない。格安であちこちを周遊できるLCCは旅の可能性を広げる画期的な手段となるのか?著者はスマホ(スマートフォン)やiPadなどのデジタル機器を使いこなす新世代の旅行作家・吉田友和氏。これぞまさに新スタイルとも言うべきアジア旅行が記されている。

以下、利用LCCと発着地。

  • ピーチ航空 札幌(新千歳)➡大阪(関空)
  • ジェットスター・アジア航空 大阪(関空)➡台北(桃園)
  • セブパシフィック航空 台北(桃園)➡マニラ
  • タイガーエアウェイズ マニラ(クラーク)➡バンコク
  • タイ・エアアジア バンコク➡ホーチミンシティ
  • ライオンエア ホーチミンシティ➡シンガポール
  • バリューエア シンガポール➡デンパサール
  • インドネシア・エアアジア デンパサール➡クアラルンプール
  • エアアジアX クアラルンプール➡東京(羽田)

個人的には地を這うようなアジアの陸路の旅が好きだ。公共の交通手段が途絶えるような最果ての村まで行ってみたいという願望が常にある。本書はその正反対とも言えるような、空路で身軽にあちこちを飛び回る旅の話。どうも情緒のなさそうな旅だなぁと思って読み始めたが、読み終えてみるとたいへん面白かった。著者はあとがきで次のように言っている。

LCCとは突き詰めれば航空便の変化形にすぎない。いわば旅のツールの一つにすぎないのだ。それ以上でも、以下でもないと思う。

ツールを使うことでどう旅を発展させられるか。一言で言えばそれが本書に記されていることであり、旅行記であると同時にトラベルハック本でもある。正直いくら安くても同じ旅程で旅をしたいとは思わない。ただLCCをうまく利用すれば、より自分のしたい旅行を実現しやすくなるんだろうなと。そういう期待というか希望が湧いてくる内容だった。アジア旅行好きなら必読でしょう。 

LCCで行く! アジア新自由旅行 (幻冬舎文庫)
4344418905

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

地雷を踏んだらサヨウナラ 一ノ瀬泰造

26歳でこの世を去った戦争カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。写真の掲載も多数。

著者の一ノ瀬泰造は1972〜1973年にかけてベトナム・サイゴン(ホーチミン)、 カンボジア・プノンペン、同じくシェムリアプなどで、ベトナム戦争やカンボジア内戦を取材。 多くの写真を撮影した。UPIニュース写真月間最優秀賞も受賞している。本書に収められている書簡は、そのときに日本にいる両親や友人、先生等に宛てたものである。 1999年浅野忠信主演で映画化され、話題となった。

本書で浮かび上がる素顔の一ノ瀬泰造は、野心的で、無謀で、そして底抜けに明るい。

そんな若さの溢れる著者だったから戦争の悲惨さを撮り続けることができたのだろう。まさに命をかけて、好きなこと=写真に取り組んだその姿はあまりにも眩しい。

若さとはこんなに素晴らしいものだったのかと感動せずにはいられなかった。

ぜひ若者に読んでほしい一冊だ。 また、僕自身息子がいる立場になったからだろうか、改めて読み返すと、 息子の活躍を喜びながらも身を案じる母親の文面にひどく共感してしまった。 カンボジアでその亡き骸を確認したときの両親の姿を思うと、込み上げてくるものがある。

最後に、一ノ瀬泰造が目指したアンコールワットは、今や最もポピュラーな世界遺産の一つだ。 確かに素晴らしい建造物でレリーフも美しく、芸術的にも見るべきところは多いだろう。 しかし、かつてはクメール・ルージュの拠点であり、弾痕もまだ残っている。 撤去が進んでいるものの周辺には地雷もまだ埋まったままだ。

訪れる機会があれば、カンボジアの痛々しい歴史にもぜひ目を向けて欲しい。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造
講談社
売り上げランキング: 105074
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア怪食紀行 小泉武夫

著者は食の冒険家の異名をとる発酵学の権威・小泉武夫。笑いあり涙なしの爆笑珍道中を繰り広げながらアジア各地の奇食の数々をレポートする。2001年単行本刊行。文庫もあり。

目次は次の通り。

ラオス
1.石ガメの蒸し焼きと大ネズミの燻製
2.蛹(さなぎ)の粉の蒸しパンとモッ・カイ・パ
3.ナマズの香り蒸しとカイ・ルゥク
4.山岳民族のメコンウィスキー

ベトナム
1.雷魚のカレー炒めとイエトカゲの生春巻き
2.ナスの仔豚脳みそ詰め
3.ニョク・マムと淡水魚の刺身
4.泥ガメの串焼きとメコンウィスキー

韓国
1.木浦(モッポ)のホンオで涙に咽(むせ)ぶ

モンゴル
1.羊肉の塩茹でと血の腸詰
2.草の海の乳の酒

ウイグル
1.羊のハンバーガー
2.焙り肉シシカバブと白酒(パイチュウ)
3.内陸最奥地の魚と乾燥蛇
4.砂トカゲの姿焼き
5.天然塩と羊のナーン挟み
6.オアシスが育んだぶどう

ミャンマー
1.激辛ナマズと淡水魚の串刺しカニ味噌だれ
2.食べる発酵茶と淡水魚の塩引き
3.浮島で食べたタウナギのクギ揚げ
4.カエルの空揚げ、雑魚の魚醤そして炒り蛹(さなぎ)
5.薬材売りから買った熊の肝(きも)
6.万能調味料ガピとトンガラシソース

中国
1.血豆腐の百菜包み蒸しとスタミナ団子
2.竹虫の蛹老麺と竹酒
3.蛇の炒めものと蛇酒
4.偉大な中国の五大食思想

本書のみどころは、もちろん奇食グルメの数々もそうなのだが、何といっても著者・小泉武夫のその特異なキャラクターだろう。珍しい料理や食べ物と出会うたびに狂喜乱舞し、そのためならどんな辺境にも赴く。そんな面白キャラは言葉を軽く越えて現地の人たちと心を通わし、ともに酒を飲み、歌い、踊る。漫談のような語り口だが、そんなことしなくても十分爆笑ものの珍道中っぷりである。あんまり楽しく読めるので、普段はゲテモノとして敬遠してしまいそうな奇食もなんだか身近に思え、目の前にあれば口にしてしまいそうだ。数ある旅行グルメ本において、名作中の名作と言えるだろう。

アジア怪食紀行
アジア怪食紀行
posted with amazlet at 10.01.26
小泉 武夫
徳間書店
売り上げランキング: 834808
おすすめ度の平均: 4.0

4 インドシナ半島って…

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ