あの空の下で 吉田修一

小説家・吉田修一が2007〜2008年にかけてANAの機内誌『翼の王国』で連載していた短編小説・エッセイを収録。2008年10月単行本刊行。2011年5月文庫化。

著者・吉田修一は「パークライフ」「パレード」「東京湾景」などの代表作があり、さらに2010年公開され妻夫木聡と深津絵里が出演した映画「悪人」の原作者と言えば多くの人の知るところだろう。その吉田修一の旅や飛行機にまつわる短編小説、そしてエッセイがまとめられている。

吉田修一と旅という組み合わせに新鮮さを感じたのはきっと僕だけじゃないだろう。

都会派というイメージがすごく強くて、特に「パークライフ」。初めて読んだときは地方の学生だった僕に東京のイメージを深く刻みつけてくれた。舞台が東京だったり背景というというのもあるけど、やはり作風かな。淡々とクールにストーリーが展開して、淡白な人間関係のなかにどこか本質的なものが表現されているというか。うまく言えないけど。ともあれ、旅などという都会とは真反対のものに対しての文章なので、とてもわくわくして本書を手に取った。

まず12編収録されている短編小説。こちらはいずれもショートショートとも言えるような5分ほどで読める分量だが、いずれも心がフッと軽くなる話。そんな短い文章で登場人物のキャラを立てて感情移入させることができるのはほんとに素晴らしい。僕は陸の上で読んだけれども、機上で読めば旅前のわくわくや旅後の感慨をよりより強めてくれたことだろう。

そしてバンコク、ルアンパバン、オスロ、台北、ホーチミン、スイスにまつわる6編のエッセイ。個人的にはこちらが最大の見どころだった。

各土地での決してドラマチックではない出来事が綴られているのだがそれがいい。

「心細さとは決していい感情ではないのだろうが、旅先でふとこの感情に触れた時、次に目にする風景が、期待以上に鮮烈で、忘れがたいものになることがある」
「旅先で見つける普通というのは、なぜこんなにも愛おしいのだろうか」
小説と同様に洗練されたオシャレな文章だけど誰にでもよくある旅の一場面でのこういった思いに強く共感できた。
吉田修一は案外都会派ではないのかもしれない。

本書の一編を機上で読むことができた方はとても幸福だったと思う。
でも陸の上とはいえ僕らはこれをまとめて続けて一気に読めるのでそれはそれでとても幸福なことだ。

あの空の下で (集英社文庫)
吉田 修一
集英社 (2011-05-20)
売り上げランキング: 35909
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア怪食紀行 小泉武夫

著者は食の冒険家の異名をとる発酵学の権威・小泉武夫。笑いあり涙なしの爆笑珍道中を繰り広げながらアジア各地の奇食の数々をレポートする。2001年単行本刊行。文庫もあり。

目次は次の通り。

ラオス
1.石ガメの蒸し焼きと大ネズミの燻製
2.蛹(さなぎ)の粉の蒸しパンとモッ・カイ・パ
3.ナマズの香り蒸しとカイ・ルゥク
4.山岳民族のメコンウィスキー

ベトナム
1.雷魚のカレー炒めとイエトカゲの生春巻き
2.ナスの仔豚脳みそ詰め
3.ニョク・マムと淡水魚の刺身
4.泥ガメの串焼きとメコンウィスキー

韓国
1.木浦(モッポ)のホンオで涙に咽(むせ)ぶ

モンゴル
1.羊肉の塩茹でと血の腸詰
2.草の海の乳の酒

ウイグル
1.羊のハンバーガー
2.焙り肉シシカバブと白酒(パイチュウ)
3.内陸最奥地の魚と乾燥蛇
4.砂トカゲの姿焼き
5.天然塩と羊のナーン挟み
6.オアシスが育んだぶどう

ミャンマー
1.激辛ナマズと淡水魚の串刺しカニ味噌だれ
2.食べる発酵茶と淡水魚の塩引き
3.浮島で食べたタウナギのクギ揚げ
4.カエルの空揚げ、雑魚の魚醤そして炒り蛹(さなぎ)
5.薬材売りから買った熊の肝(きも)
6.万能調味料ガピとトンガラシソース

中国
1.血豆腐の百菜包み蒸しとスタミナ団子
2.竹虫の蛹老麺と竹酒
3.蛇の炒めものと蛇酒
4.偉大な中国の五大食思想

本書のみどころは、もちろん奇食グルメの数々もそうなのだが、何といっても著者・小泉武夫のその特異なキャラクターだろう。珍しい料理や食べ物と出会うたびに狂喜乱舞し、そのためならどんな辺境にも赴く。そんな面白キャラは言葉を軽く越えて現地の人たちと心を通わし、ともに酒を飲み、歌い、踊る。漫談のような語り口だが、そんなことしなくても十分爆笑ものの珍道中っぷりである。あんまり楽しく読めるので、普段はゲテモノとして敬遠してしまいそうな奇食もなんだか身近に思え、目の前にあれば口にしてしまいそうだ。数ある旅行グルメ本において、名作中の名作と言えるだろう。

アジア怪食紀行
アジア怪食紀行
posted with amazlet at 10.01.26
小泉 武夫
徳間書店
売り上げランキング: 834808
おすすめ度の平均: 4.0

4 インドシナ半島って…

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

メコン・黄金水道をゆく 椎名誠

Posted 1月 14th, 2010 by kzmr and filed in 椎名誠

2003年、世界の辺境を知る椎名誠がインドシナ半島を壮大なスケールで流れるメコン河を旅した。45日間かけてメコン河沿いにラオスからカンボジア、ベトナムと下った紀行文。
2004年単行本刊行。文庫もあり。

道のりはおおよそ以下の通り。

【ラオス】
シェンコック→ルアンナムター→ウドムサイ→ルアンパバーン→パクセ
【カンボジア】
シェムリアプ→トンレサップ湖→プノンペン
【ベトナム】
チャウドック→カントー→チャービン

椎名誠の紀行文は本当に安心して読むことができる。ざっくばらんな感じで楽しく読めるのに、現地の人たちの営みや文化に対する観察眼は鋭い。鋭いだけでなく、あたたかい敬意が込もっているので、僕らは素直に驚き、感動できるのだ。本書はその良さがすごく出ていて、椎名誠の代表作と言っていいのではないかと思う。僕自身メコン河を何度か旅行で訪れたこともあり、特別な思い入れがあるからかもしれないが。

メコン河ならではの多彩な漁法。
豊かな自然そのままの食文化。
質素ながらも力強く生きる人々。
読めば読むほど強烈に旅したい気持ちにかられてくる。随所に出てくる写真もいい。

メコンへの旅行を考えている人にとってはよき入門書になるであろう。
しかし、それ以上に、旅したことがある人におすすめしたい旅本だ。
そのとき言葉にできなかった感動が、ここに表現されている。

メコン・黄金水道をゆく
椎名 誠
集英社
売り上げランキング: 515117
おすすめ度の平均: 4.0

4 壮大でゆったりとしたメコンと時間の流れがそこにはある
4 「アジアのアマゾン」を縦断する旅

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ