空白の五マイル 角幡唯介

Posted 9月 21st, 2011 by kzmr and filed in 角幡唯介

チベット奥地のツアンポー峡谷。著者・角幡唯介はその世界最大の峡谷の探険史を解きほぐし、人跡未踏である空白の5マイルを埋めるべく自ら足を踏み入れる。第8回開高健ノンフィクション賞受賞作。

amazonの紹介より抜粋

チベットの奥地にツアンポー峡谷とよばれる世界最大の峡谷がある。この峡谷は一八世紀から「謎の川」と呼ばれ、長い間、探検家や登山家の挑戦の対象となっ てきた。チベットの母なる川であるツアンポー川は、ヒマラヤ山脈の峡谷地帯で姿を消した後いったいどこに流れるのか、昔はそれが分からなかった。その謎が 解かれた後もツアンポー峡谷の奥地には巨大な滝があると噂され、その伝説に魅せられた多くの探検家が、この場所に足を運んだ。

早稲田大学探検部に所属していた私は大学四年生の時、たまたま手に取った一冊の本がきっかけでこの峡谷の存在を知った。そして一九二四年に英国のフラン ク・キングドン=ウオードによる探検以降、ツアンポー峡谷に残された地理的空白部の踏査が一向に進んでいないことを知った。キングドン=ウオードの探検は ほとんど完璧に近く、彼の探検によりこの峡谷部に残された空白部はもはや五マイル、約八キロしかないといわれていた。しかし残されたこの五マイルに、 ひょっとしたら幻とされた大滝が実在するかもしれない。キングドン=ウオードの残したこの「空白の五マイル」は、探検が探検であった時代の舞台が現代まで 残されている、おそらく世界で最後の場所だった。私は空白の五マイルを含めたツアンポー峡谷の核心部をすべて探検しようと心に決め、一九九八年に部の仲間 と一緒にツアンポー峡谷に向かった。

読み始めてまず気付くのは本書はただ単に探検を記したものではないということだ。
探険史を丹念に解きほぐして、実際に当事者にインタビューをするなど取材が徹底されており、ツアンポー峡谷に挑んだ探検家たちがリアルに描き出されている。
悲しい事件の背景に迫る部分では熱く込み上げてくるものがあるだろう。
そういった歴史を踏まえて自らツアンポー峡谷の空白の5マイルを目指す著者の探検に感情移入せずにはいられない。

最後に「空白の5マイル」という本書のタイトル。
無条件に読むべき本だと判断してしまったがやはり間違っていなかった。
読む前のワクワク感が読後、静かな深い感動に変わる。傑作中の傑作。

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
角幡 唯介
集英社
売り上げランキング: 3857
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

地雷を踏んだらサヨウナラ 一ノ瀬泰造

26歳でこの世を去った戦争カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。写真の掲載も多数。

著者の一ノ瀬泰造は1972〜1973年にかけてベトナム・サイゴン(ホーチミン)、 カンボジア・プノンペン、同じくシェムリアプなどで、ベトナム戦争やカンボジア内戦を取材。 多くの写真を撮影した。UPIニュース写真月間最優秀賞も受賞している。本書に収められている書簡は、そのときに日本にいる両親や友人、先生等に宛てたものである。 1999年浅野忠信主演で映画化され、話題となった。

本書で浮かび上がる素顔の一ノ瀬泰造は、野心的で、無謀で、そして底抜けに明るい。

そんな若さの溢れる著者だったから戦争の悲惨さを撮り続けることができたのだろう。まさに命をかけて、好きなこと=写真に取り組んだその姿はあまりにも眩しい。

若さとはこんなに素晴らしいものだったのかと感動せずにはいられなかった。

ぜひ若者に読んでほしい一冊だ。 また、僕自身息子がいる立場になったからだろうか、改めて読み返すと、 息子の活躍を喜びながらも身を案じる母親の文面にひどく共感してしまった。 カンボジアでその亡き骸を確認したときの両親の姿を思うと、込み上げてくるものがある。

最後に、一ノ瀬泰造が目指したアンコールワットは、今や最もポピュラーな世界遺産の一つだ。 確かに素晴らしい建造物でレリーフも美しく、芸術的にも見るべきところは多いだろう。 しかし、かつてはクメール・ルージュの拠点であり、弾痕もまだ残っている。 撤去が進んでいるものの周辺には地雷もまだ埋まったままだ。

訪れる機会があれば、カンボジアの痛々しい歴史にもぜひ目を向けて欲しい。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造
講談社
売り上げランキング: 105074
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

秘密のミャンマー 椎名誠

Posted 1月 3rd, 2010 by kzmr and filed in 椎名誠

あの椎名誠が謎のベールに包まれた国・ミャンマーへの旅行を綴った紀行文。
2003年単行本刊行。2006年文庫化。

今回椎名誠一行が向かったのはミャンマー。軍事政権下の国で、自由な行動は許されておらず、決して旅をしやすい国とは言えない。「あやしい探検隊」などで、辺境や大自然を何度も旅してきた椎名誠はそんなミャンマーの何を見て、どう感じるのか。

本書でもシーナ流は健在だ。お寺の境内で草野球をするなど、他の作家や旅人ではありえないだろう。また食事や人々についてもざっくばらんな物言いで爽快。

しかしながら、ミャンマーを旅したことのある人にとっては、旅の行程やアクティビティがスタンダード過ぎて、物足りない感があるはずだ。加えて言うなら、ミャンマーの少数民族問題や彼らの文化に対する理解はもっと深めた方がいい。

とは言え、ミャンマーに興味があり行ってみたいと思っている人には恰好の入門書となるだろう。各々の旅で興味のあるジャンルを掘り下げていけばいいのだ。ミャンマーには掘り下げるだけの深さと、各自の興味に応える広さがある。

秘密のミャンマー
秘密のミャンマー
posted with amazlet at 10.01.03
椎名 誠 山本 皓一
小学館
売り上げランキング: 547160
おすすめ度の平均: 2.0

1 最低。
1 がっかり
4 アジア好きには評価がわかれるかも・・
3 たとえ○んこの一流れ、二流れ

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

神に頼って走れ! 高野 秀行

Posted 11月 23rd, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行の東京から沖縄までの約2ヶ月に渡る自転車旅行記。
わけあっての神仏に祈りながらの旅。それらに対する見解はもちろん、
辺境の第一人者である著者が道々で出会う光景や人々の描写が面白い。

そもそもどうして神仏に祈りながら自転車旅行してるのか?
『怪魚ウモッカ格闘記』を読むと分かるのだが、
徐々に明かされ、予備知識がなくても問題ない。
これまで高野の著作に触れたことがない人でも、
独特の言い回しやユーモアに引き込まれるだろうし、
自転車旅行記としても秀逸だと思う。

長期間に渡る自転車旅行記と言えば、汗臭いというか男臭いというか、
艱難辛苦の末に感動的なゴール!といったスポ根的な要素が少なからず
含まれているような気がするが、本書にはそういう脚色はない。
ただ面白く、終始くすくす笑いながら読み進めることになるだろう。

高野秀行の著書はいつだってそうだ。
誰にも真似できない非常識なことをしでかしているのに、
高野はすごく庶民的で俗っぽくて、すごく身近に感じる。
これこそ高野秀行が支持される理由だろう。

今回の自転車旅行に関しては、決して誰もが真似できないことではないが、
その分見解や描写の面白さ、そしてユーモアが際立っているように思う。

神に頼って走れ!―自転車爆走日本南下旅日記 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 169139
おすすめ度の平均: 4.0

5 素晴らしすぎます
5 意外な発見
3 神様とともに
5 がんばれ高野
3 「怪魚ウモッカ格闘記」の後日談みたいな感じで

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

幻獣ムベンベを追え 高野秀行

Posted 11月 1st, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

アフリカ・コンゴ奥地の湖に棲息するという幻獣モケーレ・ムベンベの発見に挑んだ
高野秀行(現在押しも押されぬ辺境作家)を中心とする早稲田大学探検部の記録。
果たしてムベンベは本当に存在するのか!?
ジャングルでサバイバルしながら世紀の発見に挑むが・・・

とにかく本気なのだ。本気で幻の怪獣ムベンベを探しているのだ。
途中、いやそもそも最初からその存在はまことにあやしい。
しかし彼らは過酷なサバイバルをしながらその存在を、発見を信じて探し続ける。

普通の分別のある(ついてしまった)大人はこんなことはしない(できない)。
しかし本書の面白いところは多分にそのことに自覚的であることだ。
もしかしたら俺たちはすごく馬鹿なことをしているんではないか?と。
それが、単なる挑戦の記録としておらず、読み物として心地いい。

ネタバレする危険を恐れずに言えば、後半、もうムベンベがいようがいまいが
そんなことは重要ではなくなるのだ。
ただただ彼らの挑戦に賛辞を送り、夢を見させてくれたことに感謝したい。

僕はこの本で高野秀行を知り、以後ずっとファンであり続けている。

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 72270
おすすめ度の平均: 4.0

1 幻獣ムベンベを追え
4 ホントにノンフィクション?
4 若さとバカさへの一大賛歌
5 これは。。。
4 真剣に怪獣探ししてきたんですね

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ