地雷を踏んだらサヨウナラ 一ノ瀬泰造

26歳でこの世を去った戦争カメラマン一ノ瀬泰造の書簡集。写真の掲載も多数。

著者の一ノ瀬泰造は1972〜1973年にかけてベトナム・サイゴン(ホーチミン)、 カンボジア・プノンペン、同じくシェムリアプなどで、ベトナム戦争やカンボジア内戦を取材。 多くの写真を撮影した。UPIニュース写真月間最優秀賞も受賞している。本書に収められている書簡は、そのときに日本にいる両親や友人、先生等に宛てたものである。 1999年浅野忠信主演で映画化され、話題となった。

本書で浮かび上がる素顔の一ノ瀬泰造は、野心的で、無謀で、そして底抜けに明るい。

そんな若さの溢れる著者だったから戦争の悲惨さを撮り続けることができたのだろう。まさに命をかけて、好きなこと=写真に取り組んだその姿はあまりにも眩しい。

若さとはこんなに素晴らしいものだったのかと感動せずにはいられなかった。

ぜひ若者に読んでほしい一冊だ。 また、僕自身息子がいる立場になったからだろうか、改めて読み返すと、 息子の活躍を喜びながらも身を案じる母親の文面にひどく共感してしまった。 カンボジアでその亡き骸を確認したときの両親の姿を思うと、込み上げてくるものがある。

最後に、一ノ瀬泰造が目指したアンコールワットは、今や最もポピュラーな世界遺産の一つだ。 確かに素晴らしい建造物でレリーフも美しく、芸術的にも見るべきところは多いだろう。 しかし、かつてはクメール・ルージュの拠点であり、弾痕もまだ残っている。 撤去が進んでいるものの周辺には地雷もまだ埋まったままだ。

訪れる機会があれば、カンボジアの痛々しい歴史にもぜひ目を向けて欲しい。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造
講談社
売り上げランキング: 105074
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ミャンマー 失われるアジアのふるさと 乃南アサ

Posted 2月 10th, 2010 by kzmr and filed in 乃南アサ

軍事政権に対する僧侶のデモやサイクロン被害など、依然ネガティブなニュースが後を絶たないミャンマー。しかしながら旅行者の間では旅行前と後で大きく印象が変わる国として知られ、リピーターが非常に多い。そんなミャンマーで作家・乃南アサは何を見てどう感じたか。2008年6月刊行。

ヤンゴンやマンダレーといった都市、そしてインレー湖やバガンといった景勝地での出来事が断片的に綴られており、時系列にルートに沿って展開していくことの多い一般的な旅行記とは読み心地が大きく異なる。さすが作家(といっては失礼か)、一つ一つの場面の描写が美しく情景的だ。特に夜明けの世界三大仏教遺跡の一つバガンの仏塔群の描写はぐっと引き込まれた。章が終わるたびに、短編小説を一つ読み終えたかのような気にさせられた。ふんだんに配置されている美しい写真(撮影、坂斎清)もそれに一役買っているだろう。また、全く見返りを求めない無償の親切に対してどう報いたらいいのか著者が悩む場面があるのだが、僕自身もミャンマーで全く同じ経験があり、とても親近感がわいた。

ここまでつらつらといい場面ばかり述べたが、単純に叙情的で楽しい旅行記というわけではない。特に政治的な話題に言及しているときは非常にリアルで迫ってくるものがある。本書のエンディングで、日本語を勉強している若い僧侶が軍事政権に対する思いを憤りつつ語る。「今、ミャンマーの政治は悪いです。最低です」否応なしに2007年の僧侶のデモを想起させる言葉だ。冒頭にもあるが、日々実直にそして静かに仏に仕えてきた僧たちは、どれほどの思いを込めて起ちあがったのか。それを想像するだけでぐっと込み上げてくるものがある。

まとめると、本書では異国情緒に溢れる描写を楽しむことができ、さらにミャンマーという国の実情にも触れることもできるだろう。非常にバランスのとれた一冊だ。ミャンマーを直接自分の目で見て感じたいと思わせる力に満ちている。

ミャンマー―失われるアジアのふるさと
乃南 アサ
文藝春秋
売り上げランキング: 94852
おすすめ度の平均: 4.5

4 前書きが全てを語る
5 美しく、そして切ない国
5 初めての乃南アサ

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

さらば、ガク 野田知佑

Posted 1月 4th, 2010 by kzmr and filed in 野田知佑

漂泊のカヌーイスト野田知佑とともに日本や世界各地の川を下った世界初のカヌー犬ガクの写真集。実父(野田知佑)と養父(椎名誠)の追悼対談も収録されている。
2002年9月刊行。

釧路川、四万十川、ユーコン川、ノアタック川他。ガクはその14年の生涯で、野田知佑&その友人たちとともにたくさんの川を下り、またその大自然のなかでともに過ごした。「ガクが隊の一員であると主張してでかい顔してる」という焚き火のまわりの写真をはじめ、野田知佑と「対等なつき合い」をしていたカヌー犬ガクの姿はとても気高い。

この写真集はガクをもの珍しいカヌー犬として、アイドル的にもてはやしたものではない。その証拠に野田知佑はガクの死後、その毛皮でチャンチャンコをこしらえる。野田にとって、犬を飼うとはそこまですることなのだという。

「ぼくはガクに何もしつけをしなかった。彼を六年間預かってくれた椎名も同じだ」
「犬とふたりきりで荒野にいると、生き物として対等になる」
「好きなときに漕ぎ、好きなときに眠る」
「川旅中のガクとぼくの食事はだいたい同じだ」

これらの言葉やガクの写真を見て僕らが学ぶことができるのは、決して人間上位にならない犬との本当の付き合い方だ。そして僕らのもっとも近くにいる動物である犬との付き合い方を知ることは、もっと大きな意味を持つような気がしてならない。犬と僕らの関係がガクと野田知佑の関係に近づいていくとき、人間は動物や自然ともう少しうまくやっていけるんではないだろうか。少なくとも馬鹿げた行為はなくなるはずだ。

なにはともあれ、ガクが手付かずの自然のなかで生き生きと輝く姿を見てほしい。もしあなたの側にもパートナーがいるのなら、きっと一緒に出かけたくなるだろう。

さらば、ガク (文春文庫)
野田 知佑
文藝春秋
売り上げランキング: 321435
おすすめ度の平均: 5.0

5 犬とこんな関係でありたい
5 素敵な旅を有難う。
5 野田氏の心の痛み
5 自然と犬が好きな人のための本

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ホノカアボーイ 吉田玲雄

Posted 1月 1st, 2010 by kzmr and filed in 吉田玲雄

ハワイ島・ホノカアの古い映画館で映写技師として働いた日々がゆるやかに綴られている著者の実体験をベースとした物語。2006年に単行本刊行。2009年同名で映画化。同じく2009年文庫化。

ホノカアは、ハワイ島の住民ですら「なにもないところで退屈でしょ」と言うほどの小さな村。そのホノカアに70年の歴史のある古い映画館があり、著者はそこで映写技師として働くことになる。

ドラマティックな出来事があるわけではなく、魅力的なローカルな人たちや日々のことが、ゆるやかな空気感で、ほんわかと描かれている。ユーモラスに描写されているが、映画や自然、そしてホノカアに対する愛が行間に満ちていて、読んでいてとても心地いい。特にビーさんという料理が上手で粋なおばあちゃんとのラストシーンはあたたかい涙が込み上げてきた。

旅本(旅に出たくなる本)には鉄板の共通項がある。
それはローカル(現地の人々や文化)に対する尊敬や愛があることだ。
本書はそれを200%満たしていると言えるだろう。
いつかハワイ島に行かねば。
絶対に行きたい場所がまた一つ増えた。

最後に著者のバックグラウンドが興味深かったので紹介しておく。
著者の吉田玲雄はライター・写真家という紹介が多いが、モデルとしてのキャリアもあり非常に男前。そして本書中で鞄屋と紹介されている著者の父は「Porter Classic」(吉田カバンのメインブランド)の代表取締役・吉田克幸。なお著者自信も現在取締役を務めている。最後にもう一つ。父の知人として登場する日本の女優「キョン」とは小泉今日子のことで、映画版では主題歌を務めた。

ホノカアボーイ (幻冬舎文庫)
吉田 玲雄
幻冬舎
売り上げランキング: 142355
おすすめ度の平均: 4.5

5 懐かしきホノカア。。。
5 ほんわか
4 ホノカアボーイ

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

クジラが見る夢 池澤夏樹

作家・池澤夏樹が映画「グラン・ブルー」主人公のモデルであり素潜りの世界記録を何度も更新したジャック・マイヨールと共に過ごした日々の記録。
世界の海を巡ってイルカと遊び、ヨガや禅にも傾倒していたと言われるジャック・マイヨールの素顔とは?
旅とは切っても切り離せない作家・池澤夏樹が迫る。

ジャックと著者の一行はバハマ沖、サウス・ケイコス、シルバー・バンクに滞在し、イルカと遊び、キャンプでロブスターを食い、クジラの神秘に触れる。
本書にはそれらの美しい風景とジャックの写真が織り交ぜられており、また1ページあたりの文字数も少ないのも特徴的だ。
とても気持ちよく読み進めることができる。これほど読者をリラックスをさせる読み物はなかなかないだろう。

著者が見たジャックの一面を引用してみる。

自然を相手に何かをしようとして、条件がよければ素直に喜び、条件が悪ければそれを克服することを喜ぶ。本当にひどいことになれば黙って耐えるのだろう。人間が相手だと腹も立つしうんざりもするけれど、自然に対してはそういうことは一切意味がない。提供してくれるものをそのまま受け取るしかない。たぶんジャック・マイヨールはその達人なのだ。

こんなジャックと共に過ごすことのできた著者は幸福だ。
そして本書を手に取ってその記録を辿ることのできる僕らもまた幸福と言えるだろう。

クジラが見る夢 (新潮文庫)
池澤 夏樹
新潮社
売り上げランキング: 247061
おすすめ度の平均: 4.5

5 シンプルで心地よい。
4 クジラに憧れと尊敬を感じます

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ