イスラム飲酒紀行 高野秀行

「私は酒飲みである。休肝日はまだない」というアル中一歩手前の辺境作家・高野秀行がイスラム圏各国の飲酒事情をルポ。週刊SPA!にて不定期連載された「イスラム飲酒紀行」の単行本化。2011年6月。

マリファナや麻薬または女などには目もくれず、ときには危ない橋を渡って酒を求める著者。タブーとされている飲酒事情とともにイスラムの人々のリアルな姿も徐々に明らかに!?

いやしかし、なんて面白いんだろう。

  • 日本では普通に手に入る酒(入手が難しい地酒の場合もあるが・・・)をわざわざ禁じられている国で探し求める著者。
  • 著者に振り回される森、織田、末澤各氏のなかなかの名脇役っぷり。
  • 最初は「酒はない!」と突っぱね、別れ際に「酒ほしいのか?」と言ってくる心優しい地元の人々。
  • で、結局なんだかんだ酒飲みはどこにでもいて、彼らなりの飲み方で飲酒を楽しんでいる。
  • で、結局彼らといっしょにわいわい飲んでいる著者一行。

おおよそこんな感じだが、各地でいろいろ異なる事情があり、出会う人々にも個性があって、全く飽きない。人が行かないところに行って、人がやらないことをやり、それを面白おかしく書く、とはよく言ったものだ。まさにその通り。

捕まるリスクを冒してまでハイネケンを飲む必要なんてないじゃないか。しかし、その酒を入手する過程で見えてくる人々の素顔や実情に親近感がわいてたまらない。

高野秀行の著書では今まで遠かった世界(辺境)や文化が、身近にそして少し滑稽に描かれている。本書を読む前は、刺激的なタイトルだし、不謹慎で不快に感じる人もいるのかなと思ったが、いったん読み始めれば全くそんなことはない。笑いで腹を抱えながら安心して読んだ。

なぜかといえば、やはり著者がその文化と人々を心底敬っているからなんだろうなと。

面白おかしい本なので、そんな真面目な歯の浮いたセリフは一言も書いてないが、どの著書からも感じることであり、僕が高野秀行が大好きな理由でもある。

全力で続編希望。もっともっとイスラム圏で飲酒紀行をしてほしい。(捕まらない程度に。)

イスラム飲酒紀行
イスラム飲酒紀行
posted with amazlet at 11.10.04
高野 秀行
扶桑社
売り上げランキング: 8945
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ミャンマーの柳生一族 高野秀行

Posted 11月 25th, 2010 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行が早稲田大学の探検部の先輩である大御所作家・船戸与一とミャンマーの辺境を旅した。ミャンマーを江戸時代になぞらえて繰り広げられる爆笑珍道中記。2006年3月。

過去10回以上ミャンマーへ入国し(ほとんどが非合法)、政府の手すら届かない辺境でアヘンの栽培などにも従事したことのある著者・高野秀行。
著者は軍事独裁政権(徳川幕府)の中にあって特殊な機能を持っている軍情報部にいちばん近いのが「柳生一族」だという。
今回、探検部の先輩である大物作家・船戸与一の取材旅行に同行。柳生一族の監視のもと合法的に旅することになったが、さてどんな展開が待っているか。

今作でも大爆笑させていただいたが、まったくすごい作家だなと唸りっぱなしの作品だった。
ミャンマーと江戸時代を重ねるとは完全にぶっ飛んだ発想に違いないのだが、そこは高野秀行。妙に説得力があり、実際に合点がいく点が多いのだ。
あまり知られていないミャンマーの少数民族勢力と江戸時代の外様大名を重ねて見るとまさにピタリ。こういう発想をして実際に文章にできる人物は後にも先にも著者しかいないだろう。
ニュースや書物で得た知識でなく、現地を旅し深くの人々と生活に関わってきたからこそ、詳細の部分で辻褄が合ってくるんだろうと思う。

なかでもミャンマー人の社交性の秀逸さと明治維新後の日本の外交力の根拠をともに多民族国家(日本は藩政だったが意識としては連邦制に近かった)であるがゆえ、と論理を発展させたときには鳥肌が立った。限りなく単一民族国家に近い現在の日本、外交力や社交性の欠如が目立つ(当然自分も含めてorz)のは偶然ではないんだろう。

「アウン・サンを徳川家康、スー・チーさんを千姫、軍部を柳生一族になぞらえると、これはまたおもしろいように現代のミャンマーが浮き彫りになってくるのに仰天した」
と解説で椎名誠も言っているように、おもしろおかしくミャンマーの現状を伝えてくれる一冊だ。もちろんミャンマー初心者の方にはたいへん読みやすく入門書としてもいいだろうが、個人的には実際に旅したことのある玄人の方におすすめしたい。

ミャンマーをよく知っている人ほど、高野秀行がすごい作家だと知るはずだ。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 19038

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア怪食紀行 小泉武夫

著者は食の冒険家の異名をとる発酵学の権威・小泉武夫。笑いあり涙なしの爆笑珍道中を繰り広げながらアジア各地の奇食の数々をレポートする。2001年単行本刊行。文庫もあり。

目次は次の通り。

ラオス
1.石ガメの蒸し焼きと大ネズミの燻製
2.蛹(さなぎ)の粉の蒸しパンとモッ・カイ・パ
3.ナマズの香り蒸しとカイ・ルゥク
4.山岳民族のメコンウィスキー

ベトナム
1.雷魚のカレー炒めとイエトカゲの生春巻き
2.ナスの仔豚脳みそ詰め
3.ニョク・マムと淡水魚の刺身
4.泥ガメの串焼きとメコンウィスキー

韓国
1.木浦(モッポ)のホンオで涙に咽(むせ)ぶ

モンゴル
1.羊肉の塩茹でと血の腸詰
2.草の海の乳の酒

ウイグル
1.羊のハンバーガー
2.焙り肉シシカバブと白酒(パイチュウ)
3.内陸最奥地の魚と乾燥蛇
4.砂トカゲの姿焼き
5.天然塩と羊のナーン挟み
6.オアシスが育んだぶどう

ミャンマー
1.激辛ナマズと淡水魚の串刺しカニ味噌だれ
2.食べる発酵茶と淡水魚の塩引き
3.浮島で食べたタウナギのクギ揚げ
4.カエルの空揚げ、雑魚の魚醤そして炒り蛹(さなぎ)
5.薬材売りから買った熊の肝(きも)
6.万能調味料ガピとトンガラシソース

中国
1.血豆腐の百菜包み蒸しとスタミナ団子
2.竹虫の蛹老麺と竹酒
3.蛇の炒めものと蛇酒
4.偉大な中国の五大食思想

本書のみどころは、もちろん奇食グルメの数々もそうなのだが、何といっても著者・小泉武夫のその特異なキャラクターだろう。珍しい料理や食べ物と出会うたびに狂喜乱舞し、そのためならどんな辺境にも赴く。そんな面白キャラは言葉を軽く越えて現地の人たちと心を通わし、ともに酒を飲み、歌い、踊る。漫談のような語り口だが、そんなことしなくても十分爆笑ものの珍道中っぷりである。あんまり楽しく読めるので、普段はゲテモノとして敬遠してしまいそうな奇食もなんだか身近に思え、目の前にあれば口にしてしまいそうだ。数ある旅行グルメ本において、名作中の名作と言えるだろう。

アジア怪食紀行
アジア怪食紀行
posted with amazlet at 10.01.26
小泉 武夫
徳間書店
売り上げランキング: 834808
おすすめ度の平均: 4.0

4 インドシナ半島って…

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ 高野秀行

Posted 12月 19th, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

エンタメノンフの旗手・高野秀行がタイの文化やタイ人の気質について自らの経験をもとに記したコラム&エッセイ。

著者はチェンマイ大学で日本語講師とし働いた後、タイでビルマの少数民族(タイ系)のゲリラと交流したり、在日タイ人向け新聞の記者として働いたりしている。
非常にユニークな関わりを持っているが、本人曰く「タイとボロい赤い糸で結ばれている」とのこと。「ボロい」という表現が絶妙だよね。

さてそんな著者がタイについてのあれこれを語るのだが、そこはエンタメノンフという新分野の代表的作家。
目次を見るとコラムのタイトルがそんじょそこらのゴシップ誌の一面よりもグサグサささってくる。
いくつか紹介しよう。

・知るとガッカリ?微笑みの秘密
・お金持ちはハンサムだ!
・迎えをすっぽかされたゲリラの長老
・タイ女性の脚線美への執念
・ゆ〜るゆるの「ゆるやかな社会」
・イヌはヒトの鏡
・タイ人と中国系タイ人の真相
・本当のタイの娼婦事情

ついついたくさん紹介してしまったが、全40編あるし、人それぞれささる角度が違うはずなので、ぜひ目次を眺めていただきたい。
タイトルにひかれて読み始めたが最後、高野秀行の絶妙な語りにズブズブとはまっていくだろう。

さて、ここまでは著者の高野秀行に焦点を合わせて紹介したが、もう一つの主役も紹介しなければ。

そう、タイである。

本書は40編のコラムが10編ずつ次の4つの章で構成されている。
・サバーイ(元気だ、気軽だ、都合がいい)
・サヌック(楽しい)
・サドゥアック(便利だ、都合がいい)
・マイペンライ(大丈夫、たいしたことない)
この四つの言葉だけでタイ人の気質をある程度表せるとのこと。言ってみればタイ人の素だ。
これはタイを訪れたことがある人ならば、まず納得するんではないだろうか。

本書が面白いのはタイについておもしろおかしく書かれているからではない。
そのゴシップ的なタイトルに反して、内容は極めて誇張が少なく、事実を踏まえて書かれている。
つまり、タイそのものがおもしろいのだ。

まとめると・・・
高野秀行がタイについて書いていて面白くないはずがない!!
タイに興味があってもなくても、絶対面白いから読んでみてください。

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
高野 秀行
ベストセラーズ
売り上げランキング: 9362
おすすめ度の平均: 4.5

4 タイ人・タイ王国を知りたければ読むべし
4 タイで日本語を教える
5 微笑みの国 タイ
4 懐かしい思い出と共に
5 読んで極楽、見ても極楽

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

とんまつりJAPAN—日本全国とんまな祭りガイド みうらじゅん

Posted 12月 2nd, 2009 by kzmr and filed in みうらじゅん

荒俣宏曰く「おもしろがりの達人」みうらじゅんが日本各地のとんまな祭り=とんまつりを巡った。
マルチな才能を生かして文章、写真、漫画を織り交ぜながらの爆笑紀行文&レポート。

日本にこんなおかしな祭りが脈々と受け継がれてきていることに驚嘆するとともに、
みうらじゅんのノリのいい描写やツッコミが心地よくて、笑える雑学本といった趣き。
また吹き出しのついた写真や祭りの登場人物を描写した漫画も面白い。

ちなみに祭りごとにデータページがあり、
・地図
・開催場所
・アクセス
・開催時期
が記されているので、気に入った祭りに訪れることも可能だ。

しかしまぁ日本にはとんまな祭りがあるものだ。
伝統として受け継がれてきているというところがすごい。
海外旅行に行ってその土地のお祭りを見てツッコミを入れるのは楽しいものだが、
逆にもし外国人が日本のこれらのとんまつりを見たらどれほど驚嘆するだろうか。
僕らは住んでいるのでなかなか気付かないけど、
日本は世界から見ると相当エキゾチックな辺境だろう。

改めて灯台下暗し。
日本をもっと旅したくなる、文句なしの旅本だ。

とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)
みうら じゅん
集英社
売り上げランキング: 58946
おすすめ度の平均: 4.0

3 いやげ物,ゆるキャラよりも成熟
4 とんま過ぎる…。
4 寝る前読むとリラックスできる。
4 祭りと性の密接な関係
3 祭りはつくるものである

おまけ、紹介されているとんまつりのリスト

蛙飛行事(奈良)
笑い祭り(和歌山)
尻振り祭り(福岡)
おんだ祭り(奈良)
姫の宮 豊年祭り(愛知)
田縣祭り(愛知)
水止舞い(東京)
撞舞(茨城)
恐山大祭(青森)
抜き穂祭(愛媛)
子供強飯式(栃木)
牛祭り(京都)
悪口祭り(栃木)
ヘトマト(長崎)
ジャランポン祭り(埼玉)
うじ虫祭り(愛知)
鍋冠祭り(滋賀)
つぶろさし(新潟)

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ