あの空の下で 吉田修一

小説家・吉田修一が2007〜2008年にかけてANAの機内誌『翼の王国』で連載していた短編小説・エッセイを収録。2008年10月単行本刊行。2011年5月文庫化。

著者・吉田修一は「パークライフ」「パレード」「東京湾景」などの代表作があり、さらに2010年公開され妻夫木聡と深津絵里が出演した映画「悪人」の原作者と言えば多くの人の知るところだろう。その吉田修一の旅や飛行機にまつわる短編小説、そしてエッセイがまとめられている。

吉田修一と旅という組み合わせに新鮮さを感じたのはきっと僕だけじゃないだろう。

都会派というイメージがすごく強くて、特に「パークライフ」。初めて読んだときは地方の学生だった僕に東京のイメージを深く刻みつけてくれた。舞台が東京だったり背景というというのもあるけど、やはり作風かな。淡々とクールにストーリーが展開して、淡白な人間関係のなかにどこか本質的なものが表現されているというか。うまく言えないけど。ともあれ、旅などという都会とは真反対のものに対しての文章なので、とてもわくわくして本書を手に取った。

まず12編収録されている短編小説。こちらはいずれもショートショートとも言えるような5分ほどで読める分量だが、いずれも心がフッと軽くなる話。そんな短い文章で登場人物のキャラを立てて感情移入させることができるのはほんとに素晴らしい。僕は陸の上で読んだけれども、機上で読めば旅前のわくわくや旅後の感慨をよりより強めてくれたことだろう。

そしてバンコク、ルアンパバン、オスロ、台北、ホーチミン、スイスにまつわる6編のエッセイ。個人的にはこちらが最大の見どころだった。

各土地での決してドラマチックではない出来事が綴られているのだがそれがいい。

「心細さとは決していい感情ではないのだろうが、旅先でふとこの感情に触れた時、次に目にする風景が、期待以上に鮮烈で、忘れがたいものになることがある」
「旅先で見つける普通というのは、なぜこんなにも愛おしいのだろうか」
小説と同様に洗練されたオシャレな文章だけど誰にでもよくある旅の一場面でのこういった思いに強く共感できた。
吉田修一は案外都会派ではないのかもしれない。

本書の一編を機上で読むことができた方はとても幸福だったと思う。
でも陸の上とはいえ僕らはこれをまとめて続けて一気に読めるのでそれはそれでとても幸福なことだ。

あの空の下で (集英社文庫)
吉田 修一
集英社 (2011-05-20)
売り上げランキング: 35909
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ガラスの宮殿 アミタヴ・ゴーシュ

Posted 11月 18th, 2009 by kzmr and filed in アミタヴ・ゴーシュ

インド、ビルマ、マレーシアを主な舞台として、激動の19世紀後半から
現代へと続く20世紀前半を生きた人々を壮大なスケールで描いた物語。
著者は在米インド系作家のアミタブ・ゴーシュで本書は世界的ベストセラーとなった。

18世紀後半のビルマ・マンダレーで物語は始まる。
ここでインド人の孤児と王宮に使える侍女が出会い、
彼らを中心に激動の時代と彼らの人生が描かれている。
登場人物たちは、宗教、人種、帝国主義など、様々な問題に直面。
彼らは懸命に乗り越え、ときに悲しい犠牲を払いながら、物語は現代へ続いている。

ガイドブックやネットで予備知識を得て、その都市や地域に実際に訪れ、歴史や文化に直接触れる。
これが通常の旅の一連の流れだが、それだけで何か分かったような気がしてしまうことが多々ある。
この物語を読んで、数年前のビルマへの旅を思い出しながら、その浅はかさを強烈に痛感した。
何も知らずにただインド人の世界進出力はすごいなと思いながら歩いたあのヤンゴンのインド人街。
もし今歩いたら彼らのバックグラウンドを想像してしまって涙が出るかもしれない。

そうだ。いい例えが思い浮かんだ。幕末だ。
僕らがその時代の熱さを知るのは、日本史の教科書や年表からではない。
坂本龍馬をはじめとする、その時代に生きた人々の熱い生き様を、
テレビか小説か、あるいはその他の何かで、物語としてインプットしたからだ。

ときに物語は、ガイドブックや紀行文よりも旅を豊かなものにしてくれる。
そう強く感じた一冊だった。

ガラスの宮殿 (新潮クレスト・ブックス)
アミタヴ ゴーシュ
新潮社
売り上げランキング: 117888
おすすめ度の平均: 4.0

3 いつか映画化される日を願って。。
5 影の主役はビルマ

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ