街道をゆく〈6〉沖縄・先島への道 司馬遼太郎

Posted 1月 18th, 2010 by kzmr and filed in 司馬遼太郎

「街道をゆく」は、司馬遼太郎が各地の街道を歩きながら、独自の論を交えつつその地理・歴史・文化を綴る紀行文である。
今回の「街道をゆく」は1974年に沖縄・八重山諸島を旅した記録。目次と歩いた道は次の通り。

1章 那覇・糸満

・那覇へ
・沖縄について
・那覇で
・ホテルの食堂
・空港の便所で
・糸満にて

那覇市~糸満市

2章 石垣・竹富島

・石垣島
・宮良殿内(みやらどんち)
・竹富島へ
・竹富島のT君
・東シナ海の見張所
・森の中の鍛冶遺跡
・鉄と星砂
・蒐集館(しゅうしゅうかん)の館主
・波照間の娘

犬の井戸〜牛岡(ンブフル)〜鍛冶場遺跡~星砂の浜~喜宝院蒐集館~島仲家~安里(あさと)家

3章 与那国島

・与那国島へ
・南国食堂
・小さな魚市
・商売と商人
・女の長の世
・花酒
・村の劇場

祖納(そない)~波多(なんた)浜~門中墓(ムンチュバカ)~サンニヌ台~トゥング田

wikipedia
沖縄・先島への道(ダイジェスト)

ひとこと
特に印象に残ったのは1章の「空港の便所で」だ。「排泄された大便がそのまま流されずにでんとうずくまって」いて、地元の青年は「こんなことをする人、本土の人にきまっているよ」と言う。司馬遼太郎は「なるほど、これが沖縄人からみた本土人の象徴かもしれない」と考えた。さらに、「あらあらしく脱糞してそのまま行ってしまうという感覚は、本土資本の沖縄の土地買い占めというたけだけしさにも、むろん通じている」と言っている。真面目な話なのか冗談交じりなのか、微妙な言い回しがおかしくて、ついつい笑ってしまった。
この脱糞の話もそうだが、どうも本書での司馬遼太郎はいつもより感情的というか自己主張が多いような印象を受けた。例えば、石垣島のリゾートホテルに宿泊した際に「モーターボートの爆音が、なんだかばかばかしかった」と遊びに興じる若者をはっきり非難しているし、逆に波照間出身の娘と他愛のない、また実のない会話を楽しんだりしている。八重山の開放的な空気が著者をそうさせたのだろうか。こんなに茶目っけのある作品は珍しい。
とは言え、やはり沖縄問題や八重山の歴史・文化に対する造詣や考察は非常に興味深い。1974年に書かれたものではあるが、搾取されていた時代、そして痛々しい戦争の時代など、僕ら一般の旅行者が知らなきゃいけないことは山ほどある。沖縄・八重山を深く知る上でマストな一冊だ。

ワイド版 街道をゆく〈6〉沖縄・先島への道
司馬 遼太郎
朝日新聞社
売り上げランキング: 503486
おすすめ度の平均: 4.0

3 司馬さんと須田画伯の沖縄珍道中。
5 司馬さんが見た沖縄。
4 どこかうつろな旅

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

南島ぶちくん騒動 椎名誠

Posted 1月 10th, 2010 by kzmr and filed in 椎名誠

1990年に映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」の撮影のため、椎名誠とそのクルー達が石垣島で約一ヶ月半過ごしたときの滞在記&エッセイ&写真集。映画撮影時の裏話や地元の人たちとの交流がエッセイやモノクロ写真で記録されている。また、あとがきとして、10年後、つまり2001年に再訪したときの話が収録されている。

100ページ強ほどのボリュームで、写真が多く、文章は少ない。石垣島、あるいは八重山のゆるい空気に浸るにはそれくらいがちょうどいいのかもしれない。映画撮影時の裏話が多いが、本書を楽しむのに映画を見ているかどうかは全く関係ないだろう。地元の人たちに協力してもらいながら、みんなで作品を作り上げている様子がなんとも微笑ましい。

子どもたちのモノクロ写真が何枚も掲載されており、そこはかとなくノスタルジーを誘うが、1990年なので実はそんなに昔ではないことに驚く。きっと今でもそんなに変わっていないだろう。読後感が非常に心地いい。

率直に言って、これといった見どころや際立つ特徴がある本ではない。
しかし、じわじわと石垣島に行きたくなってくる。いい本だ。

南島ぶちくん騒動 (幻冬舎文庫)
椎名 誠
幻冬舎
売り上げランキング: 761486
おすすめ度の平均: 3.5

4 沖縄の空気感が漂う
3 オリジナルとの違いは大きい

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ