空白の五マイル 角幡唯介

Posted 9月 21st, 2011 by kzmr and filed in 角幡唯介

チベット奥地のツアンポー峡谷。著者・角幡唯介はその世界最大の峡谷の探険史を解きほぐし、人跡未踏である空白の5マイルを埋めるべく自ら足を踏み入れる。第8回開高健ノンフィクション賞受賞作。

amazonの紹介より抜粋

チベットの奥地にツアンポー峡谷とよばれる世界最大の峡谷がある。この峡谷は一八世紀から「謎の川」と呼ばれ、長い間、探検家や登山家の挑戦の対象となっ てきた。チベットの母なる川であるツアンポー川は、ヒマラヤ山脈の峡谷地帯で姿を消した後いったいどこに流れるのか、昔はそれが分からなかった。その謎が 解かれた後もツアンポー峡谷の奥地には巨大な滝があると噂され、その伝説に魅せられた多くの探検家が、この場所に足を運んだ。

早稲田大学探検部に所属していた私は大学四年生の時、たまたま手に取った一冊の本がきっかけでこの峡谷の存在を知った。そして一九二四年に英国のフラン ク・キングドン=ウオードによる探検以降、ツアンポー峡谷に残された地理的空白部の踏査が一向に進んでいないことを知った。キングドン=ウオードの探検は ほとんど完璧に近く、彼の探検によりこの峡谷部に残された空白部はもはや五マイル、約八キロしかないといわれていた。しかし残されたこの五マイルに、 ひょっとしたら幻とされた大滝が実在するかもしれない。キングドン=ウオードの残したこの「空白の五マイル」は、探検が探検であった時代の舞台が現代まで 残されている、おそらく世界で最後の場所だった。私は空白の五マイルを含めたツアンポー峡谷の核心部をすべて探検しようと心に決め、一九九八年に部の仲間 と一緒にツアンポー峡谷に向かった。

読み始めてまず気付くのは本書はただ単に探検を記したものではないということだ。
探険史を丹念に解きほぐして、実際に当事者にインタビューをするなど取材が徹底されており、ツアンポー峡谷に挑んだ探検家たちがリアルに描き出されている。
悲しい事件の背景に迫る部分では熱く込み上げてくるものがあるだろう。
そういった歴史を踏まえて自らツアンポー峡谷の空白の5マイルを目指す著者の探検に感情移入せずにはいられない。

最後に「空白の5マイル」という本書のタイトル。
無条件に読むべき本だと判断してしまったがやはり間違っていなかった。
読む前のワクワク感が読後、静かな深い感動に変わる。傑作中の傑作。

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
角幡 唯介
集英社
売り上げランキング: 3857
blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

ミャンマーの柳生一族 高野秀行

Posted 11月 25th, 2010 by kzmr and filed in 高野秀行

辺境作家・高野秀行が早稲田大学の探検部の先輩である大御所作家・船戸与一とミャンマーの辺境を旅した。ミャンマーを江戸時代になぞらえて繰り広げられる爆笑珍道中記。2006年3月。

過去10回以上ミャンマーへ入国し(ほとんどが非合法)、政府の手すら届かない辺境でアヘンの栽培などにも従事したことのある著者・高野秀行。
著者は軍事独裁政権(徳川幕府)の中にあって特殊な機能を持っている軍情報部にいちばん近いのが「柳生一族」だという。
今回、探検部の先輩である大物作家・船戸与一の取材旅行に同行。柳生一族の監視のもと合法的に旅することになったが、さてどんな展開が待っているか。

今作でも大爆笑させていただいたが、まったくすごい作家だなと唸りっぱなしの作品だった。
ミャンマーと江戸時代を重ねるとは完全にぶっ飛んだ発想に違いないのだが、そこは高野秀行。妙に説得力があり、実際に合点がいく点が多いのだ。
あまり知られていないミャンマーの少数民族勢力と江戸時代の外様大名を重ねて見るとまさにピタリ。こういう発想をして実際に文章にできる人物は後にも先にも著者しかいないだろう。
ニュースや書物で得た知識でなく、現地を旅し深くの人々と生活に関わってきたからこそ、詳細の部分で辻褄が合ってくるんだろうと思う。

なかでもミャンマー人の社交性の秀逸さと明治維新後の日本の外交力の根拠をともに多民族国家(日本は藩政だったが意識としては連邦制に近かった)であるがゆえ、と論理を発展させたときには鳥肌が立った。限りなく単一民族国家に近い現在の日本、外交力や社交性の欠如が目立つ(当然自分も含めてorz)のは偶然ではないんだろう。

「アウン・サンを徳川家康、スー・チーさんを千姫、軍部を柳生一族になぞらえると、これはまたおもしろいように現代のミャンマーが浮き彫りになってくるのに仰天した」
と解説で椎名誠も言っているように、おもしろおかしくミャンマーの現状を伝えてくれる一冊だ。もちろんミャンマー初心者の方にはたいへん読みやすく入門書としてもいいだろうが、個人的には実際に旅したことのある玄人の方におすすめしたい。

ミャンマーをよく知っている人ほど、高野秀行がすごい作家だと知るはずだ。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 19038

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

メコン・黄金水道をゆく 椎名誠

Posted 1月 14th, 2010 by kzmr and filed in 椎名誠

2003年、世界の辺境を知る椎名誠がインドシナ半島を壮大なスケールで流れるメコン河を旅した。45日間かけてメコン河沿いにラオスからカンボジア、ベトナムと下った紀行文。
2004年単行本刊行。文庫もあり。

道のりはおおよそ以下の通り。

【ラオス】
シェンコック→ルアンナムター→ウドムサイ→ルアンパバーン→パクセ
【カンボジア】
シェムリアプ→トンレサップ湖→プノンペン
【ベトナム】
チャウドック→カントー→チャービン

椎名誠の紀行文は本当に安心して読むことができる。ざっくばらんな感じで楽しく読めるのに、現地の人たちの営みや文化に対する観察眼は鋭い。鋭いだけでなく、あたたかい敬意が込もっているので、僕らは素直に驚き、感動できるのだ。本書はその良さがすごく出ていて、椎名誠の代表作と言っていいのではないかと思う。僕自身メコン河を何度か旅行で訪れたこともあり、特別な思い入れがあるからかもしれないが。

メコン河ならではの多彩な漁法。
豊かな自然そのままの食文化。
質素ながらも力強く生きる人々。
読めば読むほど強烈に旅したい気持ちにかられてくる。随所に出てくる写真もいい。

メコンへの旅行を考えている人にとってはよき入門書になるであろう。
しかし、それ以上に、旅したことがある人におすすめしたい旅本だ。
そのとき言葉にできなかった感動が、ここに表現されている。

メコン・黄金水道をゆく
椎名 誠
集英社
売り上げランキング: 515117
おすすめ度の平均: 4.0

4 壮大でゆったりとしたメコンと時間の流れがそこにはある
4 「アジアのアマゾン」を縦断する旅

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

幻獣ムベンベを追え 高野秀行

Posted 11月 1st, 2009 by kzmr and filed in 高野秀行

アフリカ・コンゴ奥地の湖に棲息するという幻獣モケーレ・ムベンベの発見に挑んだ
高野秀行(現在押しも押されぬ辺境作家)を中心とする早稲田大学探検部の記録。
果たしてムベンベは本当に存在するのか!?
ジャングルでサバイバルしながら世紀の発見に挑むが・・・

とにかく本気なのだ。本気で幻の怪獣ムベンベを探しているのだ。
途中、いやそもそも最初からその存在はまことにあやしい。
しかし彼らは過酷なサバイバルをしながらその存在を、発見を信じて探し続ける。

普通の分別のある(ついてしまった)大人はこんなことはしない(できない)。
しかし本書の面白いところは多分にそのことに自覚的であることだ。
もしかしたら俺たちはすごく馬鹿なことをしているんではないか?と。
それが、単なる挑戦の記録としておらず、読み物として心地いい。

ネタバレする危険を恐れずに言えば、後半、もうムベンベがいようがいまいが
そんなことは重要ではなくなるのだ。
ただただ彼らの挑戦に賛辞を送り、夢を見させてくれたことに感謝したい。

僕はこの本で高野秀行を知り、以後ずっとファンであり続けている。

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)
高野 秀行
集英社
売り上げランキング: 72270
おすすめ度の平均: 4.0

1 幻獣ムベンベを追え
4 ホントにノンフィクション?
4 若さとバカさへの一大賛歌
5 これは。。。
4 真剣に怪獣探ししてきたんですね

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ