週末アジアでちょっと幸せ 下川裕治

元祖日本人バックパッカーと言われる下川裕治氏が週末を利用したアジア旅8編を紹介。いずれの旅も短いが濃厚な旅のエキスが詰まっている。2012年8月30日刊行。

本書で紹介されているのは以下8編。

  • 韓国 大阪〜釜山
  • 台湾 台北〜馬漕花藝村
  • マレーシア マラッカ
  • シンガポール・マレーシア バトゥパハ川
  • 中国 星星峡
  • 沖縄 多良間島
  • ベトナム ドンダンー憑祥
  • バンコク プラカノン運河、センセープ運河

各章末には実際に利用した経路や費用など旅のポイントがまとめられていて役に立つ。また全ての旅に同行したカメラマン中田浩資氏の写真も多数掲載されており旅の雰囲気を盛り上げる。

以下、感想。

なんだか女性向け旅行雑誌の特集のようなタイトルだなぁと思いながら読み始めたが、中身は全然違う。記されているのは男くささ満点のディープな旅だ。

例えばもっとも週末旅のしやすそうな韓国。もちろん普通の旅行はしない。大阪から釜山へフェリーで、しかも雑魚寝の大部屋。着けば着いたで観光は皆無。地元の人が集まる食堂を探して歩き回る。

他にも金子光晴の「マレー蘭印紀行」の記録を辿ってマレーシアの熱帯雨林の奥深くへ向かったり、ベトナムから中国へ陸路で国境を越えたり、バンコクでは観光客皆無の運河と水路を巡ったり。

週末の2〜3日でこんなにディープな旅ができるのかと驚いたし、正直現代の若い旅人や女性にウケるとは思わないが、響く人にはガンガン響く、そんな旅だった。

なかなか時間のとれない往年のバックパッカーには間違いなく刺さる一冊。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)
4022617373

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ

アジア怪食紀行 小泉武夫

著者は食の冒険家の異名をとる発酵学の権威・小泉武夫。笑いあり涙なしの爆笑珍道中を繰り広げながらアジア各地の奇食の数々をレポートする。2001年単行本刊行。文庫もあり。

目次は次の通り。

ラオス
1.石ガメの蒸し焼きと大ネズミの燻製
2.蛹(さなぎ)の粉の蒸しパンとモッ・カイ・パ
3.ナマズの香り蒸しとカイ・ルゥク
4.山岳民族のメコンウィスキー

ベトナム
1.雷魚のカレー炒めとイエトカゲの生春巻き
2.ナスの仔豚脳みそ詰め
3.ニョク・マムと淡水魚の刺身
4.泥ガメの串焼きとメコンウィスキー

韓国
1.木浦(モッポ)のホンオで涙に咽(むせ)ぶ

モンゴル
1.羊肉の塩茹でと血の腸詰
2.草の海の乳の酒

ウイグル
1.羊のハンバーガー
2.焙り肉シシカバブと白酒(パイチュウ)
3.内陸最奥地の魚と乾燥蛇
4.砂トカゲの姿焼き
5.天然塩と羊のナーン挟み
6.オアシスが育んだぶどう

ミャンマー
1.激辛ナマズと淡水魚の串刺しカニ味噌だれ
2.食べる発酵茶と淡水魚の塩引き
3.浮島で食べたタウナギのクギ揚げ
4.カエルの空揚げ、雑魚の魚醤そして炒り蛹(さなぎ)
5.薬材売りから買った熊の肝(きも)
6.万能調味料ガピとトンガラシソース

中国
1.血豆腐の百菜包み蒸しとスタミナ団子
2.竹虫の蛹老麺と竹酒
3.蛇の炒めものと蛇酒
4.偉大な中国の五大食思想

本書のみどころは、もちろん奇食グルメの数々もそうなのだが、何といっても著者・小泉武夫のその特異なキャラクターだろう。珍しい料理や食べ物と出会うたびに狂喜乱舞し、そのためならどんな辺境にも赴く。そんな面白キャラは言葉を軽く越えて現地の人たちと心を通わし、ともに酒を飲み、歌い、踊る。漫談のような語り口だが、そんなことしなくても十分爆笑ものの珍道中っぷりである。あんまり楽しく読めるので、普段はゲテモノとして敬遠してしまいそうな奇食もなんだか身近に思え、目の前にあれば口にしてしまいそうだ。数ある旅行グルメ本において、名作中の名作と言えるだろう。

アジア怪食紀行
アジア怪食紀行
posted with amazlet at 10.01.26
小泉 武夫
徳間書店
売り上げランキング: 834808
おすすめ度の平均: 4.0

4 インドシナ半島って…

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログ 紀行・旅行記へ